カシメロ、体調不良で計量できず防衛戦中止に | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

カシメロ、体調不良で計量できず防衛戦中止に 王座剥奪か 井上尚弥の4団体統一計画に影響も

スポーツ報知

 

# スポーツ# ボクシング

ジョンリール・カシメロ

 プロボクシングWBO世界バンタム級王者ジョンリール・カシメロ(フィリピン)が11日夜(日本時間12日未明)にアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで予定していた防衛戦が中止になったと10日、興行主のプロベラム社が公式ツイッターで発表した。カシメロが体調不良で計量ができなかったことが理由で、試合は当初の対戦相手の同級1位ポール・バトラー(英国)と同級10位のジョセフ・アグベコ(ガーナ)のカードで行われる予定。

 プロベラム社はツイッターで「カシメロは体重を作ることができず、明日の試合には出ない。我々は彼の早い回復を望みます。バトラーはジョセフ・アグベコと対戦する」と記した。10日に行われた前日計量にカシメロは現れず、バトラーとアグベコが登場し、ともにバンタム級リミットの53・5キロでパスした。

 中止について、カシメロの母国フィリピンのメディアも一斉に報道した。「フィリピン・スター紙」は体重超過が原因で計量を回避し、カシメロは王座を剥奪されたと報じ、WBOの承認が下りればバトラー対アグベコをIBF世界バンタム級王座決定戦として行うと伝えている。別のメディアでは、体調不良の原因がウイルス性胃炎とされ、カシメロが病院に搬送されたとも報じている。

 WBOはまだ正式に発表していないが、世界戦の前日計量を欠席すれば失格扱いとみなされ、王座を剥奪される可能性がある。

 カシメロは、WBA・IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)の対抗王者。昨年4月、米ラスベガスで3団体王座統一戦を行う計画があったが、コロナ禍で中止に。その後、SNSなどで井上を挑発する発言を繰り返してきた。カシメロの離脱で、井上が目指すバンタム級の4団体王座統一の計画に影響が出てきそうだ。

 

あらあら日本のバンタム級みたいですね、前日計量に現れないってカシメロに一体何が起こったというのかぁ~(ガチンコ風に)

井上さんはタイトル持ってないカシメロには興味ないでしょうし4団体統一も時間かかりそう・・一気にSバンタムへといくんでしょうか?それともバンタムであらたなWBOチャンピオンと対戦して統一を目指すんでしょうかね?あ~カシメロやってくれちゃった、