新世界王者・尾川堅一が帰国 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

新世界王者・尾川堅一が帰国、来年3月に凱旋マッチで初防衛へ

スポーツ報知

 

# スポーツ# ボクシング

帰国の航空機内で日本航空のCAらから祝福を受けた尾川堅一(中央)(本人提供)

 プロボクシングIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦で判定勝ちし、新王者に輝いた尾川堅一(帝拳)が29日、成田空港着の日本航空機で米ニューヨークから帰国した。

 同級2位アジンガ・フジレ(南アフリカ)から3度のダウンを奪って判定勝ちした尾川は、帰国の機内では客室乗務員から祝福を受けたという。「ラインで300件、インスタでは全世界から祝福の言葉をもらいました」と笑ったが、手には赤いベルトはなし。実はIBFの手違いで違うベルトを渡されたという。試合前から違うベルトだったようだが、ほとんどの試合関係者が気づかず。ただ、尾川本人はベルトの違いに気づいていたようで、尾川の指摘で取り違いが判明した。

 「一回経験しているから。現物ないけど、達成感はあります」。4年前、IBF王座を獲得しながら、薬物使用検査で陽性反応を示し無効試合となった。それ以来、赤いベルトへの憧れはさらに強くなっていただけに、ちょっとした違いも分かったようだ。「子どもたちが待っていただけに…」と3人の息子とIBFベルトを持って帰るという約束が少し先送りとなって残念そうに笑ったが、「試合後、テレビ電話では喜んでいてくれたので」と、笑顔で腰に当てた手でベルトの形を作って見せた。

 本田明彦会長によると、来年3月末に国内で初防衛戦を行い、その後、英国でも防衛戦を実施するという。「凱旋マッチ? うれしいですね。試合を見たいと言ってくれる人はいっぱいいるので。それに色んな世界も回りたい。チャンスがあれば、王座統一も目指したい。IBFチャンピオン尾川堅一をしっかりアピールしていきたい」と新王者は意欲を見せていた。

 

本人提供ってのがいいですね(笑)合コンぽいですが・・3月末に日本で防衛戦ですか、もう33歳と若くはないので王座統一戦きたいしています。英国での防衛戦も尾川選手なら海外関係なさそうですしこちらも是非実現して欲しいものです。

今思ったのですが、3月末の初防衛戦もしかしたら名古屋で矢吹vs拳四朗とのダブル世界戦を考えているかも。尾川選手も豊橋でしたよね?確か、拳四朗も村田井上の帝拳興行でしたからね。で中止の中谷(三重出身)の世界戦も持ってきてトリプル世界戦か?妄想は広がります。