村田諒太がGGGと12月29日さいたまスーパーアリーナで統一戦  ESPNが報道 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

村田諒太がGGGと12月29日さいたまスーパーアリーナで統一戦  ESPNが報道

スポーツ報知

 

# スポーツ# ボクシング

 プロボクシングWBA世界ミドル級(72・5キロ以下)スーパー王者・村田諒太(帝拳)が12月29日、さいたまスーパーアリーナでIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(GGG、カザフスタン)と統一戦を行うと、米スポーツ専門局ESPNが27日(日本時間28日)、電子版で報じた。

 ESPNは複数の情報筋から情報を得たもので、正式発表は来週に予定されているとした。関係者によると、現在は会場問題で交渉中だという。

 ESPNはこれまで、日時と会場を12月28日、神戸と報じていたが、ともに変更となった模様。ESPNは、両陣営は原則として数か月前に合意していたとも報じた。

 実現すれば、村田は一昨年12月のスティーブン・バトラー(カナダ)との初防衛戦(5回TKO勝ち)以来、2年ぶりの試合となる。ゴロフキンは、2003年世界選手権金メダリストで04年アテネ五輪銀。プロ転向後は、WBAで19度の防衛を誇るなど、WBC、IBFの3団体でミドル級を統一した。昨年12月にはカミル・シェルメタ(ポーランド)を7回終了TKOで下し、IBF王座の初防衛に成功。3団体統一王者時代を含め、通算21度目の防衛は、バーナード・ホプキンス(米国)を上回るミドル級王座防衛の新記録を樹立した。

 村田が所属する帝拳ジムでは公式サイトで「村田諒太のきょう1日」と題して、連日、練習の様子やコメントなどを伝えている。27日には、26日に行ったレスリング・トレーニングを「とても良かったです!」と報告。「早速、今日の練習でも幾つか取り入れてみたんですよ。凄く分かりやすく教えてもらったっていうのも大きいんですが、そのレスリングの専門的な目で見てもロマチェンコの動きはレスリングの影響をモロに受けてる、技だったり動きだったり、と。映像を一緒に見ながら、きっとロマチェンコはそういう練習もしっかり積んでいるんだろうって話でしたね」などとコメントしている。

26日には午前中にフィジカル・トレなども行っており、大一番に向けて状態を上げている。正式発表が待たれるところだ。

 

フライング気味ですが、まあさいたまの方が神戸より近いので個人的には嬉しいですね。ただアメリカへの放送となると日本の開催時刻はお昼ころでしょうかね?DAZNとの問題ってなんだったんでしょうね?

この後井上の防衛戦、井岡の防衛戦と発表されればファンにとっては他ならない12月となりなますね~。ゴロ公開練習とかあるんでしょうか?

隔離は収容人数制限は色々非常事態宣言解除のあとで気になりますが、まずはチケット取らないと。取れますように<(_ _)>

 

 

 

谷口将隆がメンデスとの世界戦合意 …WBOが発表

スポーツ報知

 

# スポーツ# ボクシング

 

 プロボクシングの主要団体WBOは27日(日本時間28日)、WBO世界ミニマム級(47・6キロ以下)王者ウィルフレド・メンデス(プエルトリコ)と同級1位で前日本同級王者・谷口将隆(ワタナベ)が対戦に合意したとし、この日行われる入札は中止になったと発表した。世界戦の日時、場所は近く発表されるという。

 谷口は2016年4月にプロデビューし、18年11月にWBOアジアパシフィック王座を獲得。19年2月に世界初挑戦したが、ビック・サルダール(フィリピン)に判定負けした。昨年12月に日本王座決定戦で勝つと、今年6月、仲島辰郎(平仲BS)に5回TKO勝ち。初防衛に成功した。

 メンデスは16年7月にデビュー。現在24歳のサウスポー。19年8月にサルダールを破ってWBO王座を獲得。同年10月には、谷口の盟友、WBA世界同級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)と今年3月に対戦したアクセル・アラゴン・ベガ(メキシコ)を破って初防衛。現在、V2を果たしている。

 戦績はメンデスが16勝(6KO)1敗、谷口が14勝(9KO)3敗。