WBC世界ライトフライ級王者・矢吹が現役続行 来年2~3月に初防衛戦へ | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

WBC世界ライトフライ級王者・矢吹が現役続行 来年2~3月に初防衛戦へ

[ 2021年10月15日 05:30 ]

コメント

矢吹正道
Photo By スポニチ

 WBC世界ライトフライ級王者の矢吹正道(29=緑)が現役続行し、来年2~3月ごろに初防衛戦に臨む意向であることが14日、分かった。所属の松尾敏郎会長が「(初防衛戦は)来年2~3月ごろになりそう。ダメージもそれほどではないようで本人は“全然、大丈夫”と言っている」と話した。

 矢吹は9月22日に世界初挑戦で、防衛8度の王者・寺地拳四朗(29=BMB)に10回TKO勝ちして王座を獲得。試合後に「軽量級はファイトマネーが安いので命を懸けられない」などと語り進退を保留した。両まぶたを腫らす激闘だったが、同月末にはジムで練習を再開。あいさつ回りもしながら次戦への準備を進めている。

 

試合終わったばかりですので、達成感でそうそうすぐに次かんがえられないでしょうね。まあ初防衛は多分選べるでしょうから防衛して拳四朗との再戦に備えて欲しいと思います。とまあ続行の理由はいろいろあるようですね。

ボクシング・矢吹正道 現役続行の決断理由激白「中谷潤人と年末でもやりたい」

 ボクシングWBC世界ライトフライ級王者の矢吹正道(29)=緑=が14日、取材に応じ、現役続行を決断した理由などを激白した。「一番はファイトマネーです。いろいろな話が来て、自分が思っていた倍以上の金額がきた」。関係者によると、海外大手プロモーターから破格の条件が届いているという。

 現実的にはまずは防衛戦に向かう見込みだが、「中谷潤人がやってくれるなら、年末でもやりたい」と全日本新人王決勝で敗れた因縁の相手、WBO世界フライ級王者の中谷潤人(23)=M・T=との対戦を熱望した。