ドネアがプロベラムとプロモート契約  | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

ドネアがプロベラムとプロモート契約 カシメロ興行権取得の新会社

ボクシングWBC世界バンタム級王者ノニト・ドネア(38=フィリピン)が新興プロモート会社プロベラムと契約を結んだと11日(日本時間12日)、発表された。同社は米プロモート大手ゴールデン・ボーイ社の元CEOを務めたリチャード・シェーファー氏が率いる新会社となる。ドネアは17年、同氏の会社リングスター・スポーツとも契約した経緯がある。

プロベラム社は最近、WBO世界同級王者ジョンリール・カシメロ(32=フィリピン)-同級1位ポール・バトラー(32=英国)戦の興行権を入札で取得したばかり。シェーファー氏は「ドネアがバンタム級を統一し、さらに多くの世界王座を制圧する手伝いができることが待ち切れない」と統一戦へのマッチメークに意欲を示した。

ドネアはWBCから暫定王者レイマート・ガバリョ(25=フィリピン)との対戦指令を受ける。ガバリョ戦がプロベラム契約後初試合となりそうだ。ドネア、カシメロはWBAスーパー、IBF世界同級王者井上尚弥(28=大橋)の対抗王者となる。

同社の発表リリースで、ドネアは「シェーファー氏は常に選手ファーストのプロモーター。彼のビジョン、リーダーシップスキル、選手への情熱によって、スポーツを向上させ、選手に力を与え続けると確信している」などとコメント。ドネアのマネジャーで妻のレイチェル夫人も「この14年間、ボクシングに対して活動的であるリチャードほどの人物を知らない」などと期待を寄せていた。

 

これでドネアのうるさい嫁もカシメロ戦に口挟めなくなってカシメロ戦がスムーズに実現して、カシメロが勝って井上に再起不能にされる事を望みますね。中指挑発はいかんでしょう。