勅使河原、11・27米ベガスでIBFスーパーバンタム級挑戦者決定戦出場 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

勅使河原、11・27米ベガスでIBFスーパーバンタム級挑戦者決定戦出場

現在、IBF同級3位の勅使河原は同級4位マーロン・タパレス(29=フィリピン)と同級王者ムロジョン・アフマダリエフ(26=ウズベキスタン)への挑戦権を懸けて拳を交えるという。会場はパークMGMのパークシアターを予定。同興行メインはWBO世界同級王者スティーブン・フルトン(27)-WBC世界同級王者ブランドン・フィゲロア(24=ともに米国)戦の王座統一戦が組まれている。

現在10連勝中で東洋太平洋王座4度防衛成功中の勅使河原はWBC同級4位、WBO同級13位にもランクイン。20年8月には輪島功一スポーツジムから三迫ジムに移籍していた。一方、元WBO世界バンタム級王者タパレスは17年4月に大森将平を11回TKO撃破。19年2月には岩佐亮佑とのIBF世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦に敗れ、世界2階級制覇に失敗していた。

 

挑戦者決定戦タパレスなんだ・・タパレス恵まれてますがまずは、挑戦権ゲットして世界戦へとつなげて欲しいですね。