田中恒成12・11再起戦決定 | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

田中恒成12・11再起戦決定!井岡戦から1年ぶり 石田匠と超注目世界ランカー対決

 

 ボクシング元世界3階級王者の田中恒成(26)=畑中=が24日、オンライン会見を行い、12月11日に名古屋国際会議場でIBF世界スーパーフライ級5位の石田匠(29)=井岡=と52・5キロ契約ノンタイトル10回戦で対戦することを発表した。田中は昨年大みそかのWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(32)=志成=戦での初黒星からの再起戦。いきなり世界ランカー同士の超注目カードとなった。試合はCBCで生中継され、ウェブ配信は現在検討中。観客を入れるかどうかは新型コロナの感染状況を見極め、後日決定する。

 1年ぶりの試合が決まった田中は「相手はこの階級では世界王者を除けば一番の実力と実績のある選手。今の自分がどれだけ通用するのか純粋に楽しみです」と話した。畑中清詞会長はこの試合のテーマを「リボーン。生まれ変わった田中恒成が見られると思います」と宣言した。

 田中はWBO世界フライ級王座を返上後、昨年大みそかに大田区総合体育館で4階級制覇を狙って昨年大みそかに井岡に挑戦。昨年度の年間最高試合に選ばれたスリリングな攻防を繰り広げたが、5回にカウンターの左フックで先制のダウンを奪った井岡が6回にもダウンを追加し、8回1分35秒TKOで2度目の防衛に成功。田中は16戦目で初黒星を喫した。

 その後、日本ボクシングコミッションの不手際から井岡にドーピング騒動が持ち上がったが、JBCが瑕疵を認めて井岡側に謝罪。田中も5月20日に所属ジムを通じてコメントを発表し、再起に向けて動き出していることを表明していた。

 今夏には兄でアマチュアボクサーの田中亮明(27)=中京高職=が東京五輪ボクシング男子フライ級で銅メダルを獲得する快挙を成し遂げた。夢だった兄弟での五輪メダリスト&世界王者が実現した。

 現在の世界ランキングはスーパーフライ級で田中がWBC7位、WBO8位。石田はIBF5位、WBO9位。世界ランカー同士の対決となる。

 通算戦績は田中が16戦15勝(9KO)1敗。石田が31戦29勝(15KO)2敗

 

昨年の井岡戦はいきなりというのもありやはり1試合しておきたかったでしょうね。ただ敗れた事で最速とかなくなり、畑山・竹原さんにもからかわれてましたが、「ガードしなくても3階級制覇しちゃうんだからすごいよ~」とガードの大切さもわかったでしょし、テーマのリーボーンの様に

変化・進化した田中選手をみたいですが、石田選手も田中選手を喰って上に行って欲しいと思ってます。CBCが生中継って力いれてますね。

まあ12月ならかなりコロナの制限も緩和されてるのではないですかね。この試合無観客はもったいない。