中谷が12ラウンドのスパー敢行 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

中谷潤人が12ラウンドの猛スパーリング敢行 世界戦想定で「良いイメージ持って

 
  • この記事についてツイート
  • この記事についてFacebookでシェア
  • この記事についてLINEで送る

配信

スポーツ報知
 
中谷潤人

 

報知新聞社

さて昨年の11月の試合以来決まっては流れが続いて来た中谷が明後日アメリカのリングに10ヶ月にあがります。日本にいても公開練習とかも公開されてませんし、まして日本の記者が何人いけてるか?現地在住記者に情報送ってもらうしかないですからね。まぁ調整も順調だと言うことですし、無理にKO狙わなければ防衛してくれるでしょう。思い出されるイヤな展開は同じ170センチの長身サウスポーの小林光ニさんがベルナルの打ち合いに巻き込まれて、頭からダイフしてKO負けしたシーン

アコスタはベルナルほどの一発は無さそうですが、それでもほとんどKOですからね。海外というてん除けばなにかと重なりますが、才能は小林さんより中谷の方が上回りますので、防衛して帰国してくれるでしょう