中谷潤人が初防衛戦に向けて渡米 | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

中谷潤人が初防衛戦に向けて渡米 試合には家族も応援に駆けつける予定

スポーツ報知

 

# スポーツ# ボクシング

初防衛戦に向けて渡米した中谷潤人(WOWOW提供)

◆プロボクシング ▽WBO世界フライ級(50・8キロ以下)タイトルマッチ12回戦 中谷潤人―アンヘル・アコスタ(9月10日=日本時間同11日、米アリゾナ州ツーソン カジノ・デル・ソル・ツーソン)

 WBO世界フライ級王者・中谷潤人(M・T)が20日、同級1位で元WBO世界ライトフライ級王者アンヘル・アコスタ(プエルトリコ)との初防衛戦に向け、羽田空港からロサンゼルス行きの日本航空機で出発した。

 父・澄人さん、母・府見子さん、弟・龍人さんらの見送りを受けた中谷は出発前に「日本でもしっかり調整できているので、あとはアメリカで最終調整で。(アメリカで試合できるのを)わくわくしながらいる気持ちです」と意欲を見せた。

 当初、米国で指導を受けてきた名トレーナー、ルディ・エルナンデス氏のもとで世界戦に向けて仕上げる予定で、早ければ先月末にも渡米を考えていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で出発が遅れた。それでも、国内では12ラウンドのスパーリングを3回も消化。18日には予定していなかったものの、状態が上がってきたため、12ラウンドを行ったという。

 PCR検査の検査も陰性と判定された中谷は、すでに体重もリミットまで5キロほど。現地では疲労を抜きながら調整する予定になるという。食事に関しては炊飯器を持参してご飯も食べられるそうだ。試合には両親、弟も渡米して応援に駆けつける。「勝つのは大前提ですけど、ノックアウトするシーンをお見せできればなと思っています」とKO防衛を誓っていた。

 試合の模様は9月11日午前10時からWOWOWプライム、WOWOWオンデマンドで生中継される。

 

いってらっしゃ~これからは来日チャンピオンや挑戦者より離日するチャンピオンや挑戦者を送り出す方がおおくなりそうですね。