井上尚弥&拓真兄弟が本格スパーリング開始 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

井上尚弥&拓真兄弟が本格スパーリング開始 大橋会長が明かす

スポーツ報知

 

技術を確認し合う井上尚弥(左)と弟の拓真(大橋ジム提供)

 プロボクシング大橋ジムの大橋秀行会長は17日、WBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥と元WBC世界同級暫定王者で弟の拓真(ともに大橋)が14日から次戦に向けて本格的なスパーリングを開始していたことを明らかにした。

 井上尚弥は、元世界3階級王者・八重樫東(現大橋ジムトレーナー)ら世界王者を育てた松本好二トレーナーの長男でプロ3連勝中の松本圭佑(大橋)を相手に、また、拓真は東洋大学ボクシング部元主将で、10月19日にプロデビュー戦を控える豊嶋海優(大橋)とグラブを合わせた。スパーリング終了後には、尚弥と拓真が技術の確認を行う光景も見られた。

 尚弥はWBC王者のノニト・ドネア、WBO王者ジョンリール・カシメロ(ともにフィリピン)のどちらかと年内に、勝てば残る1人とは来春までに戦う青写真で、世界4団体統一を目指している。また、現在WBC5位、WBO6位、IBF8位と3団体でバンタム級世界ランク入りしている拓真は11月11日のフェニックスバトル(東京・後楽園ホール)で和氣慎吾(FLARE山上)とWBOアジアパシフィック・スーパーバンタム級王座決定戦に臨む予定だ。

 

仮にカシメロ・ドネアと日本で試合が決まったとしてコンディションがどの位作れるだろうか?ロドリゲスは来日してるようだが。

今の日本で海外から選手呼んでベストコンディションでリングに上がってもらうのって相当厳しい感じ。

井岡の世界戦も2週間切ってるがチケットとかどうなってるんでしょう?

また関係者のみとか一般の最低販売価格が2万からとかになるのかな?