井上尚弥「叩きのめす」 カシメロの中指立て挑発に怒り | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

井上尚弥「叩きのめす」 カシメロの中指立て挑発に怒り 年内にドネアかカシメロ戦調整

 

 

 「ボクシング・WBO世界バンタム級タイトルマッチ」(14日、カーソン)

 4団体統一を目指すWBAスーパー・IBF統一世界バンタム級王者の井上尚弥(28)=大橋=が15日、WBO世界バンタム級タイトルマッチを生中継したWOWOW「エキサイトマッチSP」に出演。WBO世界バンタム級王者ジョンリール・カシメロが同級4位ギジェルモ・リゴンドー(40)の挑戦を2-1の判定で退けた後、井上に対して挑発的なポーズを見せたことに怒りをあらわにし、「いち早くカシメロとやりたい」と熱望した。

 注目の一戦は強打者カシメロのプレッシャーを、卓越した防御技術を持つリゴンドーが、大ブーイングを浴びながらも回避し続ける展開に終始。当たったパンチはカシメロ47発、リゴンドー44発と盛り上がりを欠き、手数で上回ったカシメロに軍配が上がった。

 リゴンドーはこの試合に出場したことで剥奪されたがWBA正規王者だった。他団体の王者には尚弥とWBCのノニト・ドネア(フィリピン)が君臨する。今後について問われたカシメロは指を3本立て、「リゴンドー終わり」と薬指、「次はドネア」と人さし指を折り曲げ、「最後は井上」と、残った中指をカメラに向けて挑発した。

 これまでのカシメロの挑発は受け流してきた尚弥だったが、これには怒りをあらわ。にこやかだった表情を引き締め、「ああいう態度をされたら自分が叩きのめしたいなと、心の底から思いました」と闘志を燃やした。次戦は「ドネアと交渉中」と話しながらも、「いち早くカシメロとやりたい。問答無用で倒します」と熱望した。

 また、試合後のWOWOWのインタビューでは、カシメロとの戦い方を問われ「倒されるかも分からないし、こちらが倒すかもしれないし。それは戦ってみないと分からない」と仮の話ながら倒されることを口にしたことには、「それだけ迎え撃つ準備ができている、逃げないよということです」と強調。改めて次戦に言及し、「相手に関してはドネアかカシメロで、年内の対戦で交渉中というところです。場所は日本かアメリカになりそうです」と語った。

 

まあ最後までつまらん試合になるとは思ってましたが、カシメロの中指立てての挑発はさらによろしく無くパフォーマンスにしても不快。

まあ次がドネアといってるから、まずは奥様の尻に敷かれてるドネアを倒して奥様に向かって中指立ててみてください。

井上もいってましたが、ああいう態度とられるとこころのそこから倒したいと思うというのはわかりますね。

でもドネアに勝って井上戦にたどり着いて欲しいもので、井上も1ッ発で決めるのではなくな振り殺しに・・・そして

レフリーも石松ゴンザレス戦やゴッジを救ったレベルのを用意して倒れても腕引っ張って起き上がらせて続行させるレフリーかマーチンと全く反対のすぐには止めないレフリーを用意しといて欲しいですね。怒った井上のカシメロ公開処刑がみたいもんです。