井岡一翔、9・1ロドリゲスとV3戦! | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

井岡一翔、9・1ロドリゲスとV3戦!ドーピング疑惑乗り越え「正々堂々とやるだけ」

 ボクシングの志成ジムは10日、オンライン上で会見を開き、所属選手でWBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(32)が9月1日に東京・大田区総合体育館で同級2位のフランシスコ・ロドリゲスJr.(28)=メキシコ=と3度目の防衛戦を行うと発表した。

 井岡は20年12月31日に田中恒成(畑中)を8回TKOで破って以来の防衛戦。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中での発表に、井岡は「リングに上がるまでどうなるか分からないという不安はありますけど、こうして発表できたことはうれしく思います」との心境を語った。

 ロドリゲスは指名挑戦者で戦績は34勝(24KO)4敗1分。ミニマム級でIBF・WBO統一王者になっている。15日に来日し、スポーツ庁の規定に従った隔離を経て試合に臨む。井岡はその印象を「過去に下の階級でチャンピオンという実績もあるので、指名試合で決して油断できない選手」と評した。

 

 田中戦でのドーピング検査では、検査を行った日本ボクシングコミッション(JBC)の不手際により違反の疑いがかけられる災難に見舞われた。潔白が証明され、JBCから謝罪を受けたが、「そこと試合をやってくのは別問題。やる限りは試合へ向けてやるしかないし、結果を残さないといけない」と強調。運営への不安に関しても「自分の気持ちを理解していただいているので、ボクはボクでボクシング人生として進んでいかないといけない。試合ができることがまずよかったと思う。ボクはいつもやっていることをやるだけ。後は任せるしかない。ボクは正々堂々とやるだけ」と話した。 統一戦を希望していたが、指名試合となったことには「統一戦で世界的に注目を浴びる試合をしたいというのは一番の気持ちではありますけど、コロナ禍でスムーズに試合ができないので、どう折り合いをつけていくか。チャンピオンとして指名試合もありますし、そういう所を考えて、まず指名試合を戦うという流れでやるという考え」と不満はない。井岡有利の見方があることには「見ている方がそう思うと言うことは、ボクとしてはレベルの違いを見せないといけない」と受け止め、「油断はないですけど、レベルの違い、パフォーマンスを見せて勝たないといけない」と自身に義務づけた。

 

辰吉寿以輝 9・11後楽園で次戦決定 同興行で赤井英和ジュニアがデビュー戦

 ボクシングの大阪帝拳ジムは10日、元WBC世界バンタム級王者・辰吉丈一郎(51)の次男で、日本スーパーバンタム級9位の辰吉寿以輝(25)=大阪帝拳=が9月11日に東京・後楽園ホールで15戦目を行うことを発表した。矢野乃莉守(26)=花形=とスーパーバンタム級8回戦で対戦する。

 辰吉は初の引き分け(2回負傷引き分け)となった昨年11月の今村和寛(本田フィットネス)との前戦に続いて後楽園ホールでの試合となる。所属ジムを通じ「今、世の中がコロナで大変な時に、試合が出来る事に感謝してしっかり集中して仕上げます。応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。タイトル初挑戦へゴーサインが出るような内容も求められる試合となる。大阪帝拳の吉井寛会長は「コロナ禍においても十分な練習は出来ましたので、皆様方には楽しんで頂ける試合になると思っております」とコメントした。辰吉の戦績は14戦13勝(9KO)1分け。矢野は9戦6勝(1KO)2敗1分け。

 当日のメインカードでは岩田翔吉(帝拳)と芝力人(真正)が矢吹正道(緑)の返上した日本ライトフライ級王座決定戦を行う。また、元世界ランカーで俳優の赤井英和(61)の長男である赤井英五郎(26)=帝拳=がプロデビュー戦となる東日本新人王予選ミドル級4回戦に臨み、岡村弥徳(23)=八王子中屋=と対戦する。

 

オリンピック閉会したら続々ではないですが発表されてきましたね~然し昨日拳四朗のバスチケットを予約したばかり、で1日井岡って一応1日と出てたので構えてはいましたが、8月はいっても発表ないので1日はないと踏んでいたら予定通り1日できましたか、更に問題は試合開始21時って遅すぎるでしょ、う~ん迷う問題は帰りだ、まあでもいくでしょう。

 

で寿以輝さん、こう言っては失礼ですが、日本タイトル目指してるといってまだこの程度の戦績の相手(本人の責任はないが・・・)

お父さんが岡部に勝って日本チャンピオンになったのも記憶が間違ってなければ9月の11日じゃなかったかな?

まあ足元救われないように次戦の次戦に期待してます。<(_ _)>