井上尚弥、米国でドネアと統一戦か | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

井岡一翔「ここから新たに歴史作る」比嘉大吾は現役続行へ 志成ジムお披露目

 

 

 ボクシングWBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(32)らが所属するAmbitionジムが15日、志成ジムに名称変更。東京都目黒区内に移転し、オンライン上でレセプションを行った。

 同ジムはこれまで東京都渋谷区のEBISU K’s BOXジムを間借りする形で活動していたが、ようやく自前の拠点を持つことになった。リングは5・25メートル四方で、5・47~7・31メートルと規定されている試合用のリングと遜色ない広さになっている。

 レセプションには井岡、元WBC世界フライ級王者の比嘉大吾、OPE東洋太平洋スーパーフェザー級2位の木村吉光、大湾硫斗の所属プロ4選手が出席。9月に同級2位フランシスコ・ロドリゲス・ジュニア(28=メキシコ)と防衛戦を行うと海外で報道されている井岡は「すべての環境が整ったので、ここから新たに歴史を作ります。新たな伝説を作れるように頑張ります」と意気込みを示した。

 また、比嘉は4月にWBOアジアパシフィック・バンタム級王座の防衛戦で西田凌佑(六島)に敗れて、進退が注目されていたが、報道陣に「現役続行か」と問われて「そうですね」と認めた。

 

比嘉さん現役続行ですか、前回の西田戦足元すくわれた、勝って当たり前の元世界チャンピオンまだまだ試練の道は続きそう、一つ曲がり角一つ間違えて、迷い道くねくね~って感じですね。

 

 

井上尚弥、米国でドネアと統一戦か 国内希望も「無観客にしたくない」会長

「国内開催も考えている」と約2年ぶりとなる井上の凱旋(がいせん)マッチとして準備を進めている一方、今後の新型コロナウイルスの新規感染者増加を強く懸念。「国内でなかなか先を見通せず、今後も感染者が増加していく可能性がある。ドネア戦は無観客にしたくないので慎重に考えたい」と説明。国内開催よりも3戦連続の米防衛戦に傾きつつある現状を口にした。

また8月14日(日本時間15日)に米カーソンで開催されるWBO世界同級王者ジョンリール・カシメロ(31=フィリピン)-WBA世界同級正規王者ギジェルモ・リゴンドー(40=キューバ)の統一戦の勝敗も予想。同会長は「カシメロが倒す気がする。全盛期のリゴンドーではないから。(井上の試合は)ドネア、カシメロの順番になるのでは」と分析していた。

 

前回20000人を集めた興行、パート2,コロナでも無観客では開催出来ないですよね。国内でみたいな~。お願いします。会長。