井上尚弥11月に2年ぶり国内凱旋へ | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

井上尚弥11月に2年ぶり国内凱旋へ 4団体統一戦「ダブルミリオン」も

3回TKOでダスマリナスを倒した井上尚弥(AP)

WBAスーパー、IBF世界バンタム級王者井上尚弥(28=大橋)が、11月に首都圏で約2年ぶりの国内凱旋(がいせん)となる防衛戦に臨む可能性が高まった。IBF同級1位マイケル・ダスマリナス(28=フィリピン)を3回TKO撃破したことを受け、井上陣営は20日、年末に次期防衛戦を設定。交渉が順調に進めば、ノニト・ドネア(38)とジョンリール・カシメロ(31=ともにフィリピン)の勝者との4団体統一戦になる可能性も出てきた。

 19年11月のWBSS決勝以来、国内リングから遠ざかる井上が、2年ぶりの国内凱旋(がいせん)マッチに臨む計画が本格スタートした。井上陣営によると11月に首都圏での開催に向け、会場探しに入るという。以前から所属ジムの大橋秀行会長(56)は「コロナ禍のため、どうなるか」と慎重な姿勢を崩していないが、2戦連続聖地防衛を成功させたことで、久しぶりに国内リングにカムバックする可能性を否定しなかった。

対戦相手は未定だが、早くも同陣営は他団体王者との王座統一戦を想定している。今回の井上のファイトマネーは2戦連続で100万ドル(約1億1000万円)となったが「対戦する王者も同じ程度のファイトマネーにならなければ日本開催はできないだろう」(同陣営)と説明。バンタム級では破格の両王者ともに100万ドル超えという「ダブルミリオン」マッチになると明かした。

8月14日(日本時間15日)のドネア-カシメロ戦の結果や、勝者の体調の懸念は残るものの、ドネアは米メディアのインタビューで「井上と年末にやろう。彼はそれを望んでいるし。私も望んでいる」と年内中の対戦を希望。ドネアがカシメロを下し、WBC、WBO統一王者になった場合、交渉はさらにスムーズに進みそうだ。

ドネア-カシメロ戦の勝者との対戦を待つことができるかを問われた井上は「順調にやれるのであれば待ってもいいかな。WBO、WBCのベルトに焦点を合わせたい」と統一戦にこだわる姿勢を示した。8月に誕生するであろうWBC、WBO統一王者の動向次第では、2年ぶりの国内マッチが4団体統一戦になる可能性も十分にありそうだ。井上が日本人初、史上7人目となる4団体統一王者になる瞬間が、日本で見られるかもしれない。

 

さて遅くなってしまいましたが圧巻でしたね。1位挑戦者がミスマッチに思えてしまう強さ、フリオ・セサール・チャベスを彷彿させるど賞賛の記事多かったですが、チャベスで思い出したのが、同じラスベガスで行われた韓国の世界同級1位京との試合

チャベスを怖がって手も足も出ないまさに蛇ににらまれた蛙。

 

まだダスマリナスは向かって来ましたがまあ玉砕覚悟の攻撃、井上のプレッシャー恐るべし、さてそんな井上11月に凱旋防衛か?という嬉しい記事ですが政府のコロナ対策次第でしょうね。今のままなら上限1万人、ドネアで2万人集めた井上の試合、半分ならチケットチョープレミア

出来ることならワクチン早く打って。

 

希望の相手はカシメロですね、あの風貌ふてぶてしさ、ネリ以来の悪役になりそう、ですがまずは8月ドネアを引退に追い込んでからの日本登場となって欲しい、ドネアのファン日本に多いですので更にアンチを作って試合盛り上げて欲しいですね。

 

そんな中JBCにはめられた井岡さんロドリゲスとの試合9月1日水曜に決まったようで、今度は平日なんでJBCのミスはないでしょうし年末でとかという言い訳は通用しませんね。まずは謝罪で無ければ名誉棄損で訴えれば裁判では連戦連敗のJBCですので勝訴は確実、無駄な費用使って対抗するより素直に謝罪しましょう。

 

では最後にホット&スパイシーパンチを披露できなかったダスマリナスに代わって藤井さんが・・

 

 

さて次は中谷さん村田さんが香川さん張りに熱く語ってました、ロマ刈り期待しましょう。