井上尚弥、決戦の舞台ヴァージンホテルズ初訪問 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

井上尚弥、決戦の舞台ヴァージンホテルズ初訪問 会場内のリングをチェック

 

拡大

 「ボクシング・WBA・IBF統一バンタム級タイトルマッチ12回戦」(19日=日本時間20日、米国ラスベガス)

 IBF同級1位マイケル・ダスマリナス(28)=フィリピン=の挑戦を受ける同級統一王者の井上尚弥(28)=大橋=が11日(日本時間12日)、決戦の舞台ヴァージンホテルズ・ラスベガスを初めて訪れた。

 この日、尚弥は米国のスポーツ専門チャンネルESPとのオンラインでのインタビューを行った後、写真撮影のためにヴァージンホテルズ・ラスベガス入り。会場内を視察し、翌12日(同13日)に行われる試合のために設置されたリングのチェックなどをした。

 その後は滞在しているホテル内のジムで練習を行った。

 

ベガスには違いないが、MGMグランドとかヒルトン シザースパレスとかかつての名勝負が行われたホテルでそのうちやって欲しいな。