井上尚弥が決戦の地ラスベガスに到着 | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

井上尚弥が決戦の地ラスベガスに到着

スポーツ報知

 

# スポーツ# ボクシング

ラスベガスに到着した井上尚弥(大橋ジム提供)

 

◆プロボクシング ▽WBA&IBF世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦 井上尚弥―マイケル・ダスマリナス(19日、米ネバダ州ラスベガス ヴァージン・ホテルズ・ラスベガス)

 WBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が9日(日本時間10日)、ラスベガスに到着した。

 父の真吾トレーナー、サポート役の弟で元WBC世界バンタム級暫定王者・拓真(大橋)、いとこの前日本&WBOアジアパシフィック・スーパーライト級王者の浩樹氏らとともに9日夕、日本を出発。サンフランシスコ経由で決戦の地に降り立った。尚弥はサンフランシスコに到着した時に自身のSNSで報告。拓真と浩樹氏はラスベガス到着後に「ラスベガス到着」「ラスベガスなう」などとつぶやいた。

 IBF1位のマイケル・ダスマリナス(フィリピン)戦に向けて、尚弥は浩樹氏を相手にしたマスボクシングなどで調子を「試合当日に100%にもっていく」などと意気込んでいる。

井上尚弥 ノルマはKO防衛「判定だとアピールできない」

 「ボクシング・WBA・IBF統一バンタム級タイトルマッチ」(19日、ラスベガス)

 同級統一王者の井上尚弥は9日、羽田空港から米国ラスベガスへ出発。その直前に取材に応じ、KO防衛に自信を示した。

 体調は「ベストですね」といい、減量も「問題はありません。あと4キロぐらい」と順調をアピールした尚弥。目標の主要4団体統一のため絶対に負けられないこの一戦のノルマに「判定はないだろうと。グダグダ判定まで行っているようだと、そのあとの統一戦に向けてまったくアピールできないので」とKO勝利を課した。

 170センチの長身サウスポーであるダスマリナス攻略のカギを「左のジャブ。本来、サウスポーがやらなきゃいけないことをボクがやる」と明言。「自信しかないです。100。でも、不安がゼロといったらウソになるかな?」と強調した。

 

あっという間にベガスって感じ、コロナ無ければ日本から観戦ツアーもあったでしょう。今やベガスがホームになりつつありますが、1年に1回でいいので日本でも試合して欲しいな~。滞在時間より移動時間のほうが多そうですが今回もKOでアピールしてきてください。