高山勝成 計量一発クリア | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

高山勝成 計量一発クリア「ベストを尽くし世界タイトルを奪取します」

 「ボクシング・WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ」(8日、アーリントン)

 公開計量が7日(日本時間8日)、米国テキサス州アーリントンのAT&Tプラザで行われ、WBO世界ライトフライ級タイトルマッチではリミットの108ポンド(約48・9キロ)に対し、王者のエルウィン・ソト(24)=メキシコ=が107・8ポンド(約48・9キロ)、元世界ミニマム級4団体王者で同級11位の高山勝成(37)=寝屋川石田=は107・6ポンド(約48・8キロ)でともに一発クリアした。

 試合会場外の屋外で行われた計量は先着5000人に無料公開された。メインイベントに登場するWBAスーパー・WBC世界スーパーミドル級王者カネロ・アルバレス(メキシコ)のファンが「メヒコ!メヒコ!」の大合唱をとどろかせる中、高山はリングアナのデビッド・ディアマンテ氏にコールされて登場。クリアすると日の丸をまとい、王者とフェースオフを行った。「無事に計量クリアできて安心しました。明日の試合でベストを尽くし、世界タイトルを奪取します」と必勝宣言した。

 試合はNFLカウボーイズの本拠地であるAT&Tスタジアムで開催される。メインはカネロとWBO世界同級王者ビリー・ジョー・サンダース(英国)による3団体統一戦。1978年9月15日にルイジアナ州ニューオーリンズのスーパードームで開催されたWBA世界ヘビー級王座戦、レオン・スピンクス(米国)VSモハメド・アリ(米国)第2戦の6万3352人を更新する米国における屋内ボクシング史上最多観客数が確実と見られている。全世界注目のメガ興行で高山は2階級制覇を狙う。

 戦績はソトが19戦18勝(12KO)1敗。高山は41戦32勝(12KO)8敗1NC。

 

高山海外で2度目の世界タイトル奪取なるか?頑張って