高山勝成 2階級制覇に自信「タイトル奪還するために来た」 [ 2021年5月7日 10:14 ] | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

高山勝成 2階級制覇に自信「タイトル奪還するために来た」

 
プロボクシングWBO世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦(8日、米テキサス州アーリントン)の公式会見が6日(日本時間7日)に行われ、王者エルウィン・ソト(24=メキシコ)、挑戦者で同級11位の高山勝成(37=寝屋川石田)が出席した。

 主要4団体で世界ミニマム級王座を獲得している高山にとって2016年8月以来の世界戦。「この機会を与えてくれたマッチルームさんに感謝している。2階級制覇、タイトル奪還するために来たので世界タイトル奪取するのを楽しみにしています」と意気込みを語った。

 英興行大手マッチルーム社のエディー・ハーン代表から「ソトはは非常に攻撃的だが、土曜日はどう戦う」と問われると、「ソト選手は勇敢で若い良いファイターだが、自分にはこれまで培ってきた経験があり、準備してきたので試合が楽しみです」と自信を示した。

 会見後にはフェースオフで11秒間、にらみあい、軽く拳を合わせた。戦績はソトが18勝(12KO)1敗、高山が32勝(12KO)8敗1無効試合。試合はWBA・WBC世界スーパーミドル級統一王者の“カネロ”ことサウル・アルバレス(メキシコ)とWBO世界同級王者ビリー・ジョー・サンダース(英国)による3団体統一戦のアンダーカードとしてNFLカウボーイズの本拠地であるAT&Tスタジアムで開催される。

 

さて4団体の王者では一番狙い目他とは思いますが高山選手の勝機は?どうなんでしょう?復帰戦は小西選手世界ランカーとはいえ6R判定で勝利で世界ランカーに・・

いつも思いますがせめて10回戦でとおもいますね、コロナもありましたが。12Rソトの勢いをかわしてコツコツ・コツコツパンチを当てられますかねあとジャッジもポイントにしてくれるか?アウトボクシング=逃げと判断されたらポイントにもならないかも。然し統一戦

を観たいので高山さん頑張って

 

京口紘人が高山に「身を引いてほしかった」勝者とは統一戦?ソトVS高山戦を予想

 ボクシングWBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)が6日、音声配信サービス「Now Voice(ナウボイス)」を通じ、8日(日本時間9日)に米国アーリントンで開催されるWBO世界同級王座戦の展開予想を公開した。元世界ミニマム級4団体王者で同級11位の高山勝成(37)=寝屋川石田=が王者のエルウィン・ソト(24)=メキシコ=に挑む試合を京口は「ソト選手有利」と予想した。

 会場は異なるが、京口も3月に同じ米国テキサス州でタイトルマッチを行ったばかり。その体験もまじえて試合について語った。王者のソトは京口が契約を結ぶ英国プロモート大手マッチルーム社の契約選手でもある。「契約して初戦なのでアピールしたい気持ちもあり、いい仕上がりだと思う。高山選手は正式にタイトルマッチが決まったのが試合1カ月切った時だというので準備期間も含めてソト選手有利だと思いますね」と語った。

 高山は16年8月にWBO世界ミニマム級王座を獲得後、アマチュアに転向。しかし目標としていた東京五輪出場権を獲得できずプロに復帰した。昨年12月のプロ復帰戦で判定勝ちし、世界ランク入りを決めた際は京口への挑戦も熱望していた。

 自身もアマ経験のある京口は、五輪を目指した高山の挑戦は「そんなに簡単じゃないよ」と感じ、SNSなどで発信してきたという。「僕としてはオリンピックを目指すという覚悟があったなら、オリンピックがダメになった時点で身を退いてほしかったというか。すごい実績があり4団体でベルトを巻いたことがある名チャンピオンという肩書もある。(東海)地区予選で負けたというのがショックで」と正直な思いも口にした。

 王者のソトについては「年齢も若く勢いのある選手」と評価。「ダイナミックな動きで、フィジカル面の差で押し切る各ラウンド続いて負傷判定になる可能性が高いかと思うけど、普通に(高山が)負けるかな」と分析。「僕としてはソト選手の大差判定勝ちかなと思いますね。負傷判定になっても」と予想した。