実現なら名勝負必至…ライトフライ級日本王者の矢吹正道がWBC王者・寺地拳四朗に挑戦状 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

実現なら名勝負必至…ライトフライ級日本王者の矢吹正道がWBC王者・寺地拳四朗に挑戦状 9月名古屋開催を本線に交渉中

配信

 

中日スポーツ

子どもたちのスパーリングを見る日本ライトフライ級王者の矢吹正道

 ボクシングのWBC世界ライトフライ級2位で日本同級王者の矢吹正道(28)=緑=がWBC同級王者の寺地拳四朗(29)=BMB=に挑戦状だ。矢吹は5日、名古屋市緑区の緑ジムで、子どもたちのスパーリング大会を開催。大会後に「拳四朗に勝てるのは、自分しかいない」と言葉に力を込めた。  矢吹がターゲットに定めるのは、4月24日に久田哲也(36)=ハラダ=に勝利し、V8を達成した寺地。その久田とのタイトルマッチも現地で生観戦し、「思った以上に強かった。パンチも強かった」とその強さを再認識した。ただ、「互角以上にできる」と確信もした。  実際、寺地が判定で勝利した久田相手には、矢吹は4月1、2日とスパーリングを行っている。このときは誰の目にも明らかなほど、矢吹が圧倒している。  当初は矢吹は4~6月の間に試合を行う予定だった。だが、スケジュールが合わなかったケースもあるが、明らかに避けるように断られたのがほとんど。その人数は15人を数える。いかにその強さが評判となっているかを物語っている。  陣営はすでに水面下で寺地サイドと交渉中。9月に名古屋でタイトルマッチを行う方向で動いている。大阪など寺地側の希望する開催地でもかまわない姿勢だ。関係者の話では感触は悪くないそうで、実現する可能性は十分ある。「この時期に海外から無理に呼ぶ必要もない。自分は(久田が敗れ、WBCのランキングが)世界1位にもなる。ぜひ、試合を受けて欲しい」と訴えた矢吹。間違いなくすごい試合になる。交渉の行方が注目される

 

ものすごい矢吹応援の記事ですね。逃げられたのは15を数えるですか?出来るなら名古屋でやって欲しいですね。でも時期が時期とは言え2連続で日本チャンピオンと防衛戦、でも呼ぶに呼べないし。

個人的には阿久井さんと中谷さんに勝てなかったのにそれ以降そんなに強くなったんだって感じ。

久田・矢吹・堀川で今年の防衛ロードですかね?堀川は三迫で同じジムみたいなもんですが・・

タイトルに様に実現したら名勝負必至となるような試合みたいですね。いろいろ次戦が決まり正式発表されてますが、拳四朗もきまりでしょうかね?