中谷正義がロマチェンコと6・26ラスベガスで対戦 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

中谷正義がロマチェンコと6・26ラスベガスで対戦 トップランク社が発表

スポーツ報知

 

# スポーツ# ボクシング

 

 

 プロボクシング米興行大手トップランク社は5日(日本時間6日)、WBOインターコンチネンタル・ライト級(61・2キロ以下)王者・中谷正義(32)=帝拳=が6月26日(同27日)、世界最速3階級制覇王者ワシル・ロマチェンコ(33)=ウクライナ=と米ネバダ州ラスベガスで対戦すると発表した。会場はヴァージン・ホテルズ・ラスベガス。

 中谷は昨年12月12日、フェリックス・ベルデホ(27)=プエルトリコ=との王座決定戦に逆転TKO勝ち。この一戦は、国内で昨年の年間最高試合(世界戦以外)に選ばれている。19勝(13KO)を挙げている中谷の唯一の敗戦は、一昨年7月のロペス戦(判定負け)。のちにロペスが4団体統一王者になったことで、ロペスと判定までにもつれるまで戦った中谷の評価も急上昇。東洋太平洋王座を11連続防衛した実力者は現在WBC7位、IBF10位、WBO5位と激戦区で堂々の上位ランカーでもある。

 14勝(10KO)2敗のロマチェンコは昨年10月、ロペスとのライト級統一戦に敗れ、王座から転落。今回が再起戦となる。

 

ついに発表されましたかvsロマチェンコここ2戦は世界レベルの実力を世界にみせましたからね。

ロマチェンコは再起戦という事もありもしかしたら話題性の高いそして勝てる相手と踏んで選ばれた可能性もありますがそうなら痛い目に合わせてあげましょう、いや~6.26楽しみですな~。でもロマチェンコ有利は動かせませんが、中谷ならなんかやってくれそう。

 

井上尚弥の次期防衛戦は6月19日 トップランク社が発表

スポーツ報知

 

# スポーツ# ボクシング

トップランク社インスタグラム@toprankより

 プロボクシングの米興行大手トップランク社は5日(日本時間6日)、WBA&IBF世界バンタム級(53・5キロ以下)統一王者・井上尚弥(27)=大橋=の次期防衛戦が6月19日、米ネバダ州ラスベガスで行われると発表した。対戦相手はIBFの指名挑戦者で同級1位のマイケル・ダスマリナス(28)=フィリピン=。会場はヴァージン・ホテルズ・ラスベガス。同社は有観客試合を目指している。

 井上にとっては昨年10月31日(日本時間11月1日)、ラスベガスでのジェーソン・モロニー(オーストラリア)戦以来、約7か月ぶりの試合となる。米国での試合は3試合目、ラスベガスでは2戦目となる。井上はすでに「IBFの指名試合になりますが、油断なく仕上げます。楽しみにしてくれているファンのためにも熱い試合をお見せします」などのコメントを出しており、この日もトップランク社の発表をリツートしている。

 ダスマリナスは元WBC世界同級暫定王者で井上の弟・拓真(25)=大橋=らのスパーリングパートナーとしてたびたび来日しており、手の内は知り尽くしている。井上陣営はダスマリナス戦をクリアすれば、その後は4団体統一を目指す青写真だ。

 

井上は応援してますがこちらはあまり勝敗に興味無しです、はい。