赤井英五郎、デビュー戦の相手決定! | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

“浪速のロッキー”長男・赤井英五郎、デビュー戦の相手決定!東日本新人王組み合わせ発表

[ 2021年4月17日 15:54 ]

ボクシングの赤井英五郎(2019年撮影)
Photo By スポニチ

 東日本ボクシング協会は17日、2021年度東日本新人王トーナメント12階級の組み合わせをSNSで発表した。組み合わせ抽選会は16日に行われ、日時や会場は後日決定される。

 ミドル級には、元プロボクサーで現在は俳優、タレントとして活躍する“浪速のロッキー”こと赤井英和(61)の長男・英五郎(26=帝拳)もエントリー。1回戦で岡村弥徳(23=八王子中屋)と対戦することが決まった。大学進学後にボクシングを始めた英五郎はプロ転向を決意し、今年1月から名門・帝拳ジムに所属。新人王予選でのプロデビューを目指して練習を続けている。

 

英五郎さんも26歳からプロですか、そうやってみるとアマ経験無く27歳でボクシング始めて、3年位で世界チャンピオンになった輪島さんって改めて凄いですね。

まずは世界チャンピオンへの登竜門と言われる新人王目指して頑張ってください。