リナレス「問題ない」ヘイニー戦セコンドは現地調達 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

リナレス「問題ない」ヘイニー戦セコンドは現地調達

5月29日に米ラスベガスでWBC世界ライト級王座に挑戦する元世界3階級制覇王者で同級3位のリナレス(帝拳)が日本でギリギリまで調整し、米国入りする。

22歳の同王者ヘイニー(米国)挑戦が村田のV2戦予定と日程が近いため、日本からの帯同セコンドが少ない見通し。15日まで所属ジムで仕上げ、渡米する意向のリナレスは「セコンドは米国で探せばいい。どうしてもヘイニーと対戦したいから。自分にとって15度目の世界戦だし、問題ないね」と口にした。

 

まあリナレスは色々なトレーナーに着いた経験があるし、現地調達といってもある程度メドがついていて下交渉してるんじゃないかな、と思います。ヘイニー戦もダゾーンですかね。WOWOWでやってくれると信じてますが、帝拳のロマゴンの試合もWOWOWでやらなかったしどうだろな?