岩佐亮佑は前日計量一発クリア | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

岩佐亮佑は前日計量一発クリア アフマダリエフと18秒にらみ合い

スポーツ報知

 

# スポーツ# ボクシング

          

計量後、アフマダリエフ(左手前)とポーズする岩佐(セレスジム提供)

 

◆プロボクシング WBA世界スーパーバンタム級(55・3キロ以下)&IBF世界同級王座統一戦12回戦 WBAスーパー&IBF正規王者ムロジョン・アフマダリエフ―IBF暫定王者・岩佐亮佑(4月3日、ウズベキスタン・タシケント)

 前日計量が2日に行われ、IBF世界スーパーバンタム級暫定王者・岩佐亮佑(31)=セレス=はリミットから100グラムアンダーの55・2キロで一発パスした。IBF正規王者でWBAスーパー王者ムロジョン・アフマダリエフ(26)=ウズベキスタン=は300グラム軽い55・0キロでクリアした。

 体重が読み上げられると、岩佐は高々と右手を突き上げガッツポーズ。計量後にはアフマダリエフとフェースオフ(にらみ合い)。前日の公式会見時を上回る18秒間にわたって闘志をぶつけ合った.

 

明日の23時ってましたね。もう頑張ってとしかいえませんな。祈るような乙女の気持ち( ^ω^)・・・

 

 

 

 

村田諒太「試合あると想定」5月末世界戦へ調整

 
​​​​​​

ボクシングWBA世界ミドル級スーパー王者村田諒太(35=帝拳)が5月開催予定の世界戦を見据えて本格スタートを切った。

3月26日から4月1日まで千葉・成田市でフィジカル強化の合宿に臨んでいた村田は2日、都内の所属先でジムワークを再開。陣営は5月末に2度目の防衛戦に臨む予定で調整を進めている。正式決定すれば19年12月のスティーブン・バトラー戦以来約1年5カ月ぶりのリングとなる。村田は「ここから試合はあると想定した調整をしていきます。今週はボクシング練習を思い出すようなメニューで。来週からどんどんやっていければ」と決意を示した。

4月中旬以降、同じ階級の世界ランカーを含めた外国人パートナー3人を呼ぶ見通しとなっており「5月末に世界戦があるとすれば、もう8週間ぐらいしかないですから」と気持ちを切り替えた。すでに成田合宿で、V2戦を想定した下半身強化はほぼ完了しており「1週間の長い合宿は久しぶりだった。つらさも感じず、強度のある練習も淡々と取り組むことができた。精神面も充実しているのかもしれない」と心身ともに手応えをつかんでいる様子だった。【藤中栄二】

 

5月末、多分単独ではやらないでしょうね。拳四朗も4月にやっちゃうから、あと中谷かな?と思うけど村田さんフジだから中谷は無いかな、何にせよ早く発表して欲しいです。尾川さんも5月じゃまにあわないですよね・・・