岩佐亮佑「素晴らしい試合になる」 | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

岩佐亮佑「素晴らしい試合になる」 3日にアフマダリエフと統一戦

[ 2021年4月1日 20:44 ]

コメント

 

公式会見に臨んだムロジョン・アフマダリエフ(左)と岩佐亮佑(セレスジム提供)
Photo By 提供写真

 プロボクシングWBA・IBF世界スーパーバンタム級王座統一戦の公式会見は1日、ウズベキスタンの首都タシケント市内のホテルで行われ、WBAスーパー&IBF同級王者ムロジョン・アフマダリエフ(26=ウズベキスタン)と対戦するIBF暫定王者・岩佐亮佑(31=セレス)も出席した。

 会見は質疑応答ではなく、興行に出場する選手が一人ずつスピーチする形式。岩佐にとっては完全アウェーだったが、落ち着いた表情で「今、世界中がコロナで大変な中、このような素晴らしい試合を開いていただき、感謝しています。勝ち負けは別として素晴らしい試合になることを約束します」と日本語であいさつした。

 岩佐の次に登場したアフマダリエフは「岩佐は本物戦士で危険なファイターだが、私は誰にもベルトを譲るつもりはない」と王座死守を宣言。記念撮影後のフェースオフでは約17秒間、にらみ合った。

 アフマダリエフはリオデジャネイロ五輪バンタム級銅メダリストで、ウズベキスタン初の2団体統一王者。国民的スターの凱旋試合は1万2000人収容のヒューモアリーナで開催される。

 

いいな~このラフな全身黒の格好とコメント鬼塚みたいで相手は正装、並ぶと岩佐が身長6センチ、リーチで9センチのアドバンテージがあるみたいですね。リーチと体格差を活かして勝って帰ってきてください。

余談ですが、セレス会長の本名が出るたびに字は違うが仮面ライダーのおやっさんを思い出す。きっとおやっさんセコンドでいい仕事してくれると信じてます。