岩佐亮佑がウズベキスタン到着 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

岩佐亮佑がウズベキスタン到着

スポーツ報知

 

# スポーツ# ボクシング

 

ウズベキスタン・タシケント到着早々にインタビューを受ける岩佐亮佑(セレスジム提供)

 

◆プロボクシング WBA世界スーパーバンタム級(55・3キロ以下)&IBF世界同級王座統一戦12回戦 WBAスーパー&IBF正規王者ムロジョン・アフマダリエフ―IBF暫定王者・岩佐亮佑(4月3日、ウズベキスタン・タシケント)

 IBF世界スーパーバンタム級暫定王者の岩佐亮佑(31)=セレス=が27日、ウズベキスタンの首都タシケントに到着した。イスタンブール経由で当地入りしたが、26日午後10時35分に羽田空港を出発してから24時間以上かけて決戦の地に入った。ウズベキスタンで英雄視されているIBF正規王者でWBAスーパー王者ムロジョン・アフマダリエフ(26)=ウズベキスタン=との一戦だけに、注目度は抜群で、岩佐は到着早々、地元メディアからの取材を受けた。

 岩佐は出発前に「4月3日はウズベキスタンで必ず勝ってベルトを2本持ち帰ります」と意欲を示していた。

 

2週間の隔離は無いから十分調整できるでしょう。岩佐何気に3度目の海外世界戦。今度は日本から遥か彼方の地って感じですが、いままでのキャリアの差を見せつけてベルト持って帰国してほしいですね。

チャンピオンには地元開催で必要以上にプレッシャーがかかるはず・・