赤井英和の長男・英五郎、プロ転向 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

赤井英和の長男・英五郎、プロ転向「父が果たせなかったこと成し遂げたい」

[ 2021年3月17日 05:30 ]

赤井英和(左)と長男の英五郎
Photo By 共同

 元プロボクサーで現在はタレントとして活躍する赤井英和(61)の長男・英五郎(26)が名門・帝拳ジムからプロデビューする。

 21年度東日本新人王予選にミドル級で参戦予定の英五郎は16日、電話取材に応じ、「父を尊敬している分、コンプレックスも感じていた。“赤井ジュニア”ではない自分を示すため、父が果たせなかったことを成し遂げたい」と父超えを誓った。米ウィディア大2年時にボクシングを始め、日米を行き来しながら国内でアマキャリアを積んできたが、東京五輪出場の夢が絶たれ、プロ転向を決意したという。

 

 赤井さんのご子息プロデビューですか?確かお父さんもモスクワ五輪の夢断たれプロ転向でしたね。まあ仮に代表になっていてもボイコット

でしたので出場は出来ませんでしたが。

プロ転向後は、12連続KOで話題を集め、その勢いに乗って当時のWBC世界Jウエルター級チャンピオン ブルース・カリーに挑戦(赤井さんは、小さなジムだったので、そんなジムは話題が必要という事で会長が連続KOに拘ったようです。)

 

まあカリーを一時追い詰めるもノーガードで打ち合いスタミナ尽きて7R1分11秒KO負け。その後は大和田さんとの試合で重体になり引退。当時は「KO負けの赤い重体」と速報テロプがでたような。いずれにしても愛されたボクサーでした。

 

この年の2月5日は修学旅行でして室内の暖房が効きすぎて熱かったので、少し窓を開けて寝たら夜中股間が冷たい、濡れてる感覚、??この年にもなって、おねしょ?と慌てて懐中電灯をてらすと隙間から入り込んだ雪が布団に積もっていた。

窓閉めてパンツ変えて、夜中にミニ雪かき・・・

 

大五郎さんも連続KO目指すと言ってますね。帝拳ですのでミドル級クラスの選手でもそれなりの相手を用意してくれるでしょうが・・・まあ村田さんがいるのも良い条件ですね。お父さんの客を喜ばせるボクシングよりもガード固めて被弾の少ないボクシングを期待してます。