井上尚弥ら所属の大橋ジムが500万円寄付 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

元アベジムの阿部徹会長が死去 昨年5月にジム休会

 

アベジムは日本ボクシングコミッション審判員だった父幸四郎氏が、62年に調布市内に創設した。元日本バンタム級、スーパーバンタム級王者高橋直人らを育てた。92年に幸四郎会長が死去し、息子の徹氏が後を引き継いでいた。阿部会長は協会理事なども務めた。昨年5月にはジムを休会し、11月に権利を譲渡して、現在では平塚市内で湘南龍拳ジムと改称されている。

 

井上尚弥ら所属の大橋ジムが500万円寄付 「LEGEND」ファイトマネーの一部を医療従事者に

スポーツ報知

 

 ジム会長らで構成される東日本ボクシング協会は26日、総会を開き、新たに外部の評議員を置くことなどを決めた。評議員設置は、今まで以上に透明性を持たせることなどが目的で、4月1日から5人の評議員が置かれる。人選などは後日発表予定。

 また、会議後のオンライン会見で、2月11日に行われたイベント「LEGEND」(東京・代々木第一体育館)に参加した選手やジムから、医療従事者らへの寄付金が集まっていることが報告された。協会によると、WBA、IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥を始め、日本スーパーライト級1位・平岡アンディ、元K―1世界王者・武居由樹、元世界3階級王者で現トレーナーの八重樫東氏らをイベントに送り出した大橋ジムからは500万円が託されたという。

 大橋秀行会長はスポーツ報知の取材に「協会には大変お世話になっていますので、大会の趣旨にのっとって寄付させていただきました」と説明。「協会から、医療関係や新人王(トーナメント)などに使っていただければと思います」とコメントした。

 さらに参加した選手の各ジムからも寄付金があり、総額や寄付金の送り先などについては後日発表される。

 

芸能界でも中居さんや浜崎さんが長年寄付を続けた事で先日なんか賞をもらってましたね。自分のお金を社会に役立ててもらおうって凄く偉い。

協会にお世話になってますので500万円って言ってますが、協会はボクシングを使ったイベントって批判してませんでした?(協会とJBCの区別ついてません)

 

まあその500万で医療関係者や新人王戦など環境に変化があればと思いますが・・。

 

阿部ジム高橋直人さんがいた頃はジムに電話でチケット取ってまして、その対応が先代会長でしたが2代目の会長の時はもう全くチケットの販売方法も注目の興行もなかったので・・

先代は90歳ちかかったと思いますが62歳とはお若いですね。ジムも無くなってたんですね。ご冥福をお祈りいたします。