井上尚弥ら参加の「LEGEND」キービジュアル公開 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

井上尚弥ら参加の「LEGEND」キービジュアル公開 「特別感が伝わるビジュアルに仕上げた」

 プロボクシング新旧世界王者らが参加するイベント「LEGEND」(2月11日、東京・代々木第一体育館)の主催者は8日、同イベントのキービジュアルを公開した。

 「集え、レジェンドへの道」という言葉を囲むように、今回出場する選手らがズラリ並んでいる。主催者は「どの対戦カードも期待が膨らむ、特別感が伝わるビジュアルに仕上げました」としている。

 3分×3ラウンド形式のエキシビション(スパーリング)が7カード行われ、“メインイベント”はWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27)=大橋=と元WBC世界フライ級(50・8キロ以下)王者でWBOアジアパシフィック・バンタム級王者の比嘉大吾(25)=Ambition=が“対戦”する。

 

中々の宣伝上手、自身の世界戦もこういう形でアピールしれ盛り上げてほしいものです。