東京五輪代表と対戦の井上岳志 | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

東京五輪代表と対戦の井上岳志「落ち込む日本を盛り上げる」佐々木尽は「ボコボコにしたい」と気合

 プロボクシングWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)ら新旧世界王者らが参加する慈善イベント「LEGEND」(11日、東京・代々木第一体育館)の対戦カードが3日、都内のホテルで発表され、東京五輪代表との対戦が決まったプロ選手が記者会見で意気込みを見せた。

 東京五輪ミドル級代表の森脇唯人(24)=自衛隊=とグラブを交えることになったWBO世界スーパーウエルター級8位でWBOアジアパシフィック同級王者・井上岳志(31)=ワールドスポーツ=は「森脇選手とはスパーで何度もやっている。プロにはいないようなスピードを持っている」と警戒。イベントには約5000人が集まる見込みだが、「こんなにたくさんの人の前でスパーするのは楽しみ」と言葉に力を込めた。

 井上岳は「僕も(ワールドスポーツジムの)斉田竜也会長もアマチュア出身。会長は『ボクシングを通して社会貢献したい』と言い続けてこられた。アマ・プロが参加して社会貢献ができるイベントに出場できてうれしく思う」と趣旨に賛同。世界戦も経験したプロのトップ選手は「新型コロナで落ち込んでいる日本を盛り上げるファイトをしたい」と言葉に力を込めた。

 同五輪男子ウエルター級代表の岡沢セオン(25)=鹿児島県体協=と3分×3ラウンドを戦う日本スーパーライト級ユース王者・佐々木尽(19)=八王子中屋=は「岡沢選手は強くて、うまいという印象。プロとしての意地を見せたい。ボコボコにしたい。ダウンを取ってやるつもりで臨む」と気合十分。「(自分は)名前がないので、いいパフォーマンスできるよう、しっかり練習して臨みたい」と話した。

 なお、井上尚弥の対戦カードは後日発表される。

 【対戦カード】(3分×3ラウンド)

 ▽八重樫東―京口紘人(ワタナベ)

 ▽武居由樹(大橋)―木村翔(花形)

 ▽内山高志―坂晃典(仲里)

 ▽平岡アンディ(大橋)―※成松大介(自衛隊)

 ▽井上岳志(ワールドスポーツ)―※森脇唯人(自衛隊)

 ▽佐々木尽(八王子中屋)―※岡沢セオン(鹿児島県体協)

 【注】※はアマチュア

 

とても良い試みだと思うが、やはり試合がみたいですね。こういうのは名前ばかりでなんの催しもないボクシングの日にやればいいと思う。

井上の対戦相手は後日ってあと1週間ですが・・・

チケット概要と入場について読みましたが、リングサイド10万円とチケットは、転売禁止のアイドルコンサート並みですな。