京口紘人が米デビュー 3月にダラスで3度目防衛戦 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

ボクシングのWBA世界ライトフライ級スーパー王者京口紘人(27=ワタナベ)が3月13日、米テキサス州ダラスでアクセル・アラゴン・ベガ(20=メキシコ)との3度目の防衛戦に臨むことが22日(日本時間23日)、ストリーミング配信のDAZNから発表された。

英プロモート大手マッチルームと複数試合契約後、初試合となり、米デビュー戦でもある。同興行のメインイベントには、WBC世界スーパーフライ級王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(30=メキシコ)-WBA世界同級スーパー王者ローマン・ゴンサレス(33=ニカラグア)の王座統一戦が組まれている。

なお、ワタナベジムなどからは発表されていない

 

ここ最近の出来だとアメリカでアピールするには厳しいのでは、ブドラー戦の様なできならアピールできると思いますが、せっかくのチャンスなので、はでにアピールしてきて欲しいですね。