井岡一翔、井上尚弥らボクシング年間MVP候補 1・28発表 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて39年。世界戦国内現地観戦おそらく300試合はこえている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

井岡一翔、井上尚弥らボクシング年間MVP候補 1・28発表

 

 日本ボクシングコミッションと東京運動記者クラブ・ボクシング分科会は19日、2020年度年間表彰各賞ノミネートを選出した。最優秀選手賞候補はWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(Ambition)、WBA・IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)、WBO世界フライ級王者・中谷潤人(M・T)の3人。受賞者は今月28日に発表される予定。今年度は表彰式を行わない。各賞候補は次の通り。

【最優秀選手賞】井岡一翔(Ambition)、井上尚弥(大橋)、中谷潤人(M.T)

【技能賞】井岡、井上、中谷潤

【殊勲賞】中谷潤、中谷正義(帝拳)、三代大訓(ワタナベ)

【努力、敢闘賞】福永亮次(角海老宝石)、堀川謙一(三迫)

【KO賞】井岡、井上、中谷潤、中谷正

【新鋭賞】三代大訓(ワタナベ)、永田大士(三迫)、矢吹正道(緑)

【優秀選手賞】該当者なし

【年間最高試合賞…世界戦】

・WBO世界スーパー・フライ級タイトルマッチ 井岡―田中恒成(畑中)

・WBA&IBF世界バンタム級タイトルマッチ 井上―ジェイソン・モロニー(オーストラリア)

・WBO世界フライ級王座決定戦 中谷潤―ジーメル・マグラモ(フィリピン)

【年間最高試合賞…世界戦以外】

・東洋太平洋ウエルター級王座決定戦 クドゥラ金子(本多)―長浜陸(角海老宝石)

・日本スーパーフェザー級10回戦 尾川堅一(帝拳)―西谷和宏(VADY)

・WBOインターコンチネンタル・ライト級王座決定戦 フェニックス・ベルデホ(プエルトリコ)―中谷正

・WBOアジアパシフィック、日本スーパーフライ級タイトルマッチ、東洋太平洋同級王座決定戦 福永亮次(角海老宝石)―中川健太(三迫)

・日本ライト級10回戦 伊藤雅雪(横浜光)―三代大訓(ワタナベ)

【女子最優秀選手賞】岩川美花(高砂)、奥田朋子(ミツキ)、多田悦子(真正)

【女子年間最高試合賞】

 ・WBO女子世界アトム級タイトルマッチ 岩川美花(高砂)―鈴木菜々江(シュウ)

・WBO女子世界ミニマム級王座決定戦 多田悦子(真正)―宮尾綾香(ワタナベ)

・WBO女子世界スーパーフライ級タイトルマッチ 吉田実代(三迫)―奥田朋子(ミツキ)

 

ま今年は世界戦もいつもみたいに10何試合も行われなかったしでも中谷マグラモが年間最高試合の候補はないでしょう。中谷に罪はないが来日しただけで調整出来てないんだから勝って当然。個人的には井岡vs田中。