平岡アンディが1年8か月ぶり国内戦 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて39年。世界戦国内現地観戦おそらく300試合はこえている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

 

元K―1王者・武居由樹のデビュー戦相手が決定 プロ6勝の高井一憲

 プロボクサーに転向した元K―1ワールドGPスーパーバンタム級王者・武居由樹(24)=大橋=のデビュー戦(3月11日、東京・後楽園ホール)の相手が高井一憲(34)=中日=に決まった。高井は2014年4月デビューで、戦績は6勝(3KO)7敗3分けの左ボクサーファイター。

 武居は今月8日、横浜市の所属ジムでプロテスト(B級)を受検し、合格。ボクシング・デビュー戦に向けて、元世界3階級制覇王者・八重樫東トレーナーの指導のもと、練習に励んでいる。武居はプロテスト合格時に「今はまだプロになったばかりで大きいことは言えませんが、1試合1試合、ボクサーとしての武居由樹を見せたいと思います。K―1の時のように、インパクトのある試合を見せられればと思います」と意気込みを示している。

 
 
大橋ジム凄い選手(まだ試合してないので実力わかりませんが)話題になる選手が多いですね。K1元王者というと京太郎さんがいましたが、
ヘビー級という事もあって対戦相手がいませんでしたのでSバンタムなら早々京太郎さんの様に困らないとおもいますが。
ヘビー級ボクサーの育成もトップランクとかとつながりのある帝拳じゃないと厳しそう。まあK1の元チャンピオンですので、お手並み拝見といきましょう。