井上尚弥弟・拓真が | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

井上尚弥弟・拓真が再起星!OPBF2階級制覇「また兄弟世界チャンピオン目指して」

 「ボクシング・OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ」(14日、後楽園ホール)

 元WBC世界バンタム級暫定王者の挑戦者・井上拓真(25)が王者の栗原慶太(28)を3-0の負傷判定で破り、スーパーフライ級に続くOPBF2階級制覇を達成。19年11月に同王座を失って以来の再起に成功した。

 拓真は15勝中13KOの栗原の強打を軽やかな足さばきで完封。素早い出入りで左フック、右ストレートなどを突き刺し、1回に偶然のバッティングで左目上を切った栗原の出血がひどくなり、試合が止まった。

 WBA・IBF統一同級王者の尚弥(大橋)を兄に持つ拓真は再起を果たし「また兄弟世界チャンピオン目指して頑張りたい」と決意を新た。IBF4位の栗原を破ったことでIBF王座が射程に入るが、兄が王者であることからジムの大橋秀行会長は「視野を広げて考えたい」と腕をさすった。

 

そりゃそうですけどまだこの試合でも井上尚弥の弟ですか、ちょっとかわいそうですが、デイリーはあまりこの試合には力入れてかいてませんね。まあ何にしろ、栗原選手に勝った事で前に行けたわけですから、次はどなたかも言ってましたが、比嘉選手との対戦みたいですね。

放送は明日?どっちにしろ私の地域は放送りませんが。。。他紙での報道ですとアウトボックスしたような内容。パンチはなさそうなので、打ち合うよりこのスタイルで行った方が長続きするのでは?KOは少なくなり兄との注目度は更に広がるでしょうが。