井岡タトゥー問題、ネットで賛否 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて39年。世界戦国内現地観戦おそらく300試合はこえている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

井岡タトゥー問題、ネットで賛否 井上尚弥、京口紘人…王者の意見は?

[ 2021年1月6日 19:07 ]

 

 昨年の大みそかにプロボクシングWBO世界スーパーフライ級王座戦で2度目の防衛に成功した日本人男子唯一の4階級制覇王者・井岡一翔(31=Ambition)が、試合中に左腕のタトゥーを露出していたことがネットで話題になっている。

 日本ボクシングコミッション(JBC)ルールでは、ボクサーが入れ墨やタトゥーを露出したまま試合をすることを禁じている。

 井岡のタトゥーについてネットでは賛否が分かれた。「ルール違反なんだからしょうがない」「タトゥーを認めないのは時代遅れとかって話じゃなくて規則違反なだけ」「ルールは守らないと」とルール違反を指摘する意見や、「なんで駄目なの?」「古臭い考え」「外国からくる選手はOKなの?」「試合前に注意すべきでは」と擁護する声もあった。

 WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)はルールは遵守すべきであると前置きしてから、「見た目だけで判断するのはどうかと。刺青が入ってるけど良い人いっぱい知ってる。人間性を否定してる人は一体なんなのか」と投稿。その後も「ルールはあるものだから破ってはいけないものだと思う。ただ少数でタトゥー刺青は悪だ!入れる奴はそもそもマトモじゃない!と言ってる人に対して疑問に思ったから発信した」とつづった。

 WBA&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)もツイッターで反応し「タトゥー 刺青が『良い悪い』ではなくJBCのルールに従って試合をするのが今の日本で試合をする上での決まり事。このルールがある以上守らなければね。タトゥー 刺青を入れて試合がしたいのならルール改正に声をあげていくべき。まずはそこから」と持論を記した。

 

井岡は前回引退をしてカンバックしたとき日本のリングと決別の決意として入れ墨いれたと読みましたが。こんな議論賛否あるのが当たり前

自分は外人だと何とも思わないが、やはり日本人が入れてると違和感を感じる、仕事で客が墨入れてると接客したくないし・・・なんかいちゃもんつけられるんじゃないかと警戒しますが、ボクサーが入れてる分にはリングの中で別にいちゃもん付けられる事もないだろうから気にはならないが、ただヤク○屋さんの様なモンモン的なのは受け付けませんね。自分の結論は入れ墨の種類によるですから、なんの解決にもなりません。ただ試合についての後日の話題ならファンとして嬉しいが、こんな問題で語られたくないですね。

 

 JBCもなんでバンテージチェック同様に墨隠しのファンでの確認しないんですかね?シントロン戦の時は最後まで消えなかったんでしょ?

今回は汗でとれちゃうのわかってて使ったなら井岡が悪いし、あ、今度からJBC指定のファンデ使わなかったら処分でいいじゃない?