井岡一翔、ロマゴンVSエストラダ勝者との対戦熱望 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて39年。世界戦国内現地観戦おそらく300試合はこえている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

井岡一翔、ロマゴンVSエストラダ勝者との対戦熱望「僕しかいない。勝てるのは」

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(31)=Ambition=が1日、都内で2度目の防衛に成功してから一夜明け会見を開き、改めて他団体王者との統一戦への意欲を見せた。

 前夜は同級1位の田中恒成(畑中)に経験、技巧の差を見せつけ、8回TKOで2度目の防衛に成功。左目が腫れているためサングラスを着用しての会見となったが、左フックのカウンターで2度倒す完勝に「試合前から言い続けたように、結果で証明する。レベルの違い、格の違いを見せることができたんじゃないかなと思います」と納得の表情を浮かべた。

 世代交代を狙った田中の野望を阻み、次なる照準は他団体王者との統一戦に定まっている。スーパーフライ級では来年3月にWBA同級スーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)とWBC同級王者フアンフランシスコ・エストラダ(メキシコ)の統一戦がまずは予定されている。「その勝者と対戦を希望したいです」と明言する。自信を問われると「勝ちます。僕しかいないです。勝てるのは」と言い切った。

 最後に新年の誓いを色紙に記し、「2021年統一王者!井岡一翔」と力強く書き込んだ。

 

楽しみだロマゴンなら今の井岡なら勝てそうな気がする