井岡、田中とも予備検診異常なし | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて39年。世界戦国内現地観戦おそらく300試合はこえている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

井岡、田中とも予備検診異常なしボクシング、大みそか世界戦

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級タイトルマッチ(31日・大田区総合体育館)の予備検診が29日、東京都内で行われ、2度目の防衛を目指す井岡一翔(Ambition)、4階級制覇を狙う田中恒成(畑中)はともに異常なしと診断された。

 井岡がリーチは2センチ長く、胸囲はスーパーフライ級初戦の田中に対し、5・5センチ上回った。

 井岡は「いい調整ができている。(同等の体格で)いつもよりやりやすいのでは」と淡々と語った。田中は「減量も含めて体調が今までとは全然違うので、いいパフォーマンスを見せられる自信がある」と話した。

田中恒成 自信満々「すごい試合になる」「KO狙う」予備検診異常なし!いざ大一番へ

 

 「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ」(31日、大田区総合体育館)

 予備検診が29日、東京都内で行われ、王者の井岡一翔(31)=Ambition=と挑戦者の田中恒成(25)=畑中=はともに異常なしと診断された。検診の様子はオンラインで報道陣に公開され、日本男子2人目、世界最速16戦目での4階級制覇を狙う田中は「最高の準備ができた。すごい試合になると思う」と自信をみなぎらせた。

 充実ぶりが言葉と表情に表れていた。「最高の準備ができたので楽しみ」。田中は短い言葉に決意を込めた。

 階級を一つ上げての初戦。減量苦も軽減され「体の変化、体調の変化は全然違う」と手応えを感じている。リーチで2センチ下回ったが体格差はほぼ互角。唯一差が開いたのは胸囲で5・5センチ下回った。一方で1分間の脈拍数は井岡の95回に対して田中は49回。マラソン選手並みの“強心臓”ぶりが際立った。

 新型コロナウイルスの影響で両者とも調整は難航を極めた。田中陣営は11月下旬からジムの練習生らを出入り禁止にするなど、細心の注意を払ってきた。この日も名古屋から車で東京入りし、感染リスクを最小限に抑えた。「チーム一丸でやってくれたおかげで、コロナというマイナスの状況下で、逆に一番いい状態で準備をさせてくれた」と周囲の支えに頭を下げた。

 勝利への自信を問われ「もちろんある。KOを狙う」と即答した。英ブックメーカー大手のウィリアム・ヒルのオッズ(29日時点)では、田中勝利が1・61倍と井岡勝利の2・30倍を上回っている(引き分けは17倍)。激動の年を締めくくる大一番。最強の挑戦者は「すごい試合になる」と予告した

 

明日だ