田中恒成、井岡一翔攻略法ゲット | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

田中恒成、井岡一翔攻略法ゲット…前王者から伝授 弱点が「2個ぐらいある」

◆プロボクシング▽WBO世界スーパーフライ級(52・1キロ以下)タイトルマッチ12回戦 井岡一翔―田中恒成(31日、大田区総合体育館)

 無敗で世界4階級制覇を狙う田中恒成が18日、オンラインで会見と公開練習を行い、4階級王者・井岡一翔の打倒へ頼もしい“援軍”を得たことを明かした。

 陣営の畑中清詞会長が17日に知人を介し、18年大みそかのマカオでのWBO世界スーパーフライ級王座決定戦で井岡を判定で退けた前王者ドニー・ニエテス(38)=フィリピン=から電話で対策法をゲット。内容を伝え聞いた田中は「(弱点が)2個ぐらいあると言っていた。自分の中で考えていたこととリンクさせたり、参考にしたい」と金言を得た様子だった。

 ニエテスは井岡戦では見栄えのいいパンチを度々ヒットさせ、最大8ポイント差をつけて2―1の判定勝ちし、母国の英雄マニー・パッキャオ、ノニト・ドネアに次ぐアジア3人目の4階級制覇を達成した。畑中会長は「電話で1時間ほど話した。内容は教えられない」とニンマリ。

 コロナ対策のため現在は名古屋市内にあるジムと自宅の往復に徹している田中はシャドーボクシングやミット打ちで調整した。約100ラウンドを消化してきたスパーリングは21日に打ち上げる予定。「過去最高に仕上がった。最後の1秒まで倒しにいく」。敵の敵をも味方につけ、大みそか決戦に臨む。(田村 龍一)

弱点というと薬師寺のトレーナー マック栗原が辰吉の弱点は、とか最近は大橋会長が徳山の弱点はとか言ってましたね。メディアを使っての心理戦でしょう。よれよりも田中選手東京入りがいつになるんでしょうか?あまり早く入ってコロナが心配です。