ラスベガスKOデビューの中谷正義が帰国 | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて39年。世界戦国内現地観戦おそらく300試合はこえている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

ラスベガスKOデビューの中谷正義が帰国 友人・井岡一翔も祝福

 プロボクシング前東洋太平洋ライト級王者で、WBO世界同級14位の中谷正義(31)=帝拳=が14日、米ラスベガスから成田空港着の便で帰国した。

 右まぶたを軽く腫らした中谷は「勝ててホッとした。これまで励ましてくれた人たちのおかげで勝てた」と表情を緩めた。

 日本時間13日にラスベガスでのデビュー戦となったWBOインターコンチネンタル・ライト級王座決定戦で、IBF同級5位フェリックス・ベルデホ(27)=プエルトリコ=と対戦。昨年7月のIBF世界王座指名挑戦者決定戦で、現統一ライト級世界王者テオフィモ・ロペス(米国)に判定負けして以来の再起戦だった。

 体がほぐれる前の1ラウンドにいきなりダウンを取られた。アマチュア時代から続くボクシング人生で初めての経験だったという。4回に2度目のダウンを喫し、「ガードが低かった。今までもダウンした時のシミュレーションはしていたから焦りはなかった」と振り返った。

 だが、ひるまず中盤から立て直しを図り、7回に右ストレートでベルデホの顔色を変えさせると、9回に2度のダウンを奪い返し、逆転TKO勝ちを飾った。劇的な展開に「本当はあんな激戦したくなかった。サクッと楽に勝ちたかった」と苦笑いした。

 ただ、ボクシングの聖地で披露した圧巻の闘いぶりに、海外の専門サイトやファンから称賛の声が相次いだ。「勝っても負けても次につながる試合をしたかった。結果的に多くの人が喜んでくれる試合はできたし、世界挑戦へ一歩ずつ進んでいる実感はある」と、アピールには成功した。

 2011年6月のプロデビューから在籍していた井岡ジムを離れ、今月から帝拳ジムに移籍。拠点を大阪から東京に移した。母校の興国高(大阪)の同期で、井岡ジム時代に同門だったのが世界4階級制覇の井岡一翔(31)=Ambition=。試合後、井岡から電話があり、ダウンの応酬となった激闘を「(試合の)組み立て、なかったなあ。殴り合っていただけや」と辛口で祝福されたという。

 古い友人からのエールに、中谷は「今でもいろいろと言ってくれるのでありがたい。ガードとか課題も見つかったので、早く練習したい」と次なる戦いを見据えた

 

先日の井上の快挙もそうですが、もっとお迎えの人が欲しいですよね。早くコロナ終息しないかなとおもう毎日。31日も気をつけなければ。

中谷さん日本でみたいですが、過去のライト級の日本人世界チャンピオンはみな国内ですから、是非ラスベガスでタイトル獲って、今度は世界のベルト肩にかけて凱旋帰国してください。すぐには無理でしょうが、早くチャンスが来ますように。