中谷正義がトップランクジムで初調整 | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて39年。世界戦国内現地観戦おそらく300試合はこえている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

中谷正義がトップランクジムで初調整「コロナ検査無事クリア」ラスベガスで王座決定戦

 
拡大

 「ボクシング・WBOインターコンチネンタル・ライト級王座決定戦」(12日、ラスベガス)

 WBO世界同級12位フェリックス・ベルデホ(27)=と対戦するために現地時間5日に米ラスベガス入りした同級14位の中谷正義(31)=帝拳=が現地時間の8日、米大手プロモーター、トップランク社のジムで渡米後初のジムワークを行った。

 多くの名選手が汗を流したジムで夕方から練習をスタートし、減量が予定通りに進んでいるためシャドー、サンドバッグなど軽めのトレーニングで終了。中谷は帝拳ジムを通じて「今日も午前中に(新型コロナウイルス感染症の)検査がありましたが無事にクリアしました、あとは試合だけとなって、ホッとしています。残るは計量を無事に終えられるよう頑張るだけです。トップランク・ジムに来るのは初めてですが、倉庫のように広く感じましたが、ボクシングジムはやっぱり海外でもボクシングジムなんだな、と同じような雰囲気を感じることができました。暖房もしっかり入れて暖かくしてくれていたので助かりました、汗もしっかりかくことが出来ました。明日の予定はジムワークだけなので、しっかり練習します」とコメントした。

 

コロナの検査もぱすしたようで、後は日曜日勝って世界へもう一度ロペスとやって雪辱して世界を驚かせてほしいもんです。