中谷正義 日本人も強いと証明したい | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて39年。世界戦国内現地観戦おそらく300試合はこえている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

中谷正義、ラスベガス到着 「日本人も強いと証明したい」13日に世界ランカー戦

◆プロボクシング ▽WBOインターコンチネンタル・ライト級(61・2キロ以下)王座決定戦10回戦 中谷正義―フェリックス・ベルデホ(12日、米ネバダ州ラスベガス・MGMグランド)

 前東洋太平洋ライト級王者・中谷正義(31)=帝拳=が5日(日本時間6日)、米ラスベガスに到着した。12日(日本時間13日)に当地で開催されるWBOインターコンチネンタル・ライト級王座決定戦で、IBF世界ライト級5位フェリックス・ベルデホ(27)=プエルトリコ=と対戦する。

 米国での試合は昨年7月にメリーランド州オクソンヒルで行ったIBF世界ライト級指名挑戦者決定戦以来、2度目となる。現地の気候は昼間が20度以下、夜は零度近くまで下がる寒暖差が激しい。中谷は「体調も良い感じです」と、到着後すぐに軽めのランニングで体をならした。

 対戦相手のベルデホは世界的激戦区のライト級でIBFのほか、WBO12位、WBC14位と3団体で世界ランクを保持する実力者。WBO14位の中谷は世界ランカー対決へ「まだまだ中量級では日本のボクサーが世界で活躍しにくい状況ですが、日本人も強いと証明していける試合をしていきたいと思う」と語り、闘志を高めた。

 

やはり世界的に注目されるのはライト級辺りからですね。中谷の言葉通り日本人も強いと証明してきて欲しいです。今回もロペスを苦しめたようにやってくれるんじゃないでしょうか。本当にWBOのインターコンチネンタルのタイトルがくっついてくるのはラッキーです。

 

今日の出来事、ペイペイでの支払いで、こちらに画面をかざしてください、というと俺にスマホの画面を向けるばばあ

ペイペイでの支払いでこちらに画面かざしてくださいと手で示すと俺の手のひらに画面をかざすジジイ・・

どっちも俺の手のひらや俺に向けてはらえるかっうの・・