ストロング小林佑樹が比嘉大吾と大みそか決戦 | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて39年。世界戦国内現地観戦おそらく300試合はこえている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

ストロング小林佑樹が比嘉大吾と大みそか決戦「勝って世界に名乗り」井岡対田中のセミ

 ボクシングのWBOアジア太平洋バンタム級王者のストロング小林佑樹(29)=六島=が4日、大阪市内の所属ジムで記者会見を行い、31日に東京・大田区総合体育館で元WBC世界フライ級王者の比嘉大吾(25)=Ambition=と2度目の防衛戦を行うと発表した。戦績は小林が24戦16勝(9KO)8敗、比嘉が18戦16勝(16KO)1敗1分け。

 WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(30)=Ambition=が同級1位の田中恒成(25)=畑中=と対戦する大一番のセミファイナルとなる。

 新型コロナウイルス対策として、ジムの駐車場を利用して行われた青空会見。澄み渡った冬空の下、小林は「僕がチャンピオンですが、比嘉選手は世界を取っている。格上に挑戦する気持ちで、しっかり勝って東京でアピールしたい」と控えめに意気込んだ。武市トレーナーも比嘉が格上と認めつつ「小林のことは誰も知らないが、この試合に勝てば世界に名乗りを挙げられる。この一戦で名前を売りたい。強い選手としのぎを削りながらチャンスをモノにしないといけない時代」と野望を口にした。

 虎視眈々と“番狂わせ”を狙う。武市トレーナーは全盛期の比嘉の映像を見て準備を進めていると明かし、「今までの練習で勝てる相手じゃない。一歩抜け出すフィジカル、パワー、プラスアルファをやっている」と調整の一端を語った。過酷な3部練習を3週間消化し、「脚力だけじゃなくメンタルも鍛えられた」(小林)「スタミナ勝負は絶対に負けない」(武市トレーナー)と陣営は自信を深めている。

 倒されても立ち上がる人並み外れた根性で、アジア太平洋王座まで上り詰めた。浪速の雑草ボクサーが師走の東京で大勝負に挑む。

 

さて発表後なりをひそめてましたが、やっとセミがひとつ発表されました。ただ果たして有観客でおこなわれるんでしょうか?・・・・