高山勝成の復帰戦は12・27枚方で仕切り直し | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて39年。世界戦国内現地観戦おそらく300試合はこえている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

高山勝成の復帰戦は12・27枚方で仕切り直し 対戦相手は小西伶弥で変わらず

 

 ボクシング元世界ミニマム級4団体制覇王者・高山勝成(37)=寝屋川石田=が26日、プロ復帰戦を12月27日に枚方市立総合体育館でWBC同級11位の小西伶弥(27)=サンライズ=と行うことを発表した。

 この試合は11月23日に三田市総合文化センターで行われる予定だったが、試合前日の計量時のPCR検査で小西に新型コロナウイルスの陽性判定が出たため、当日になって中止となった。しかし隔離後に2度の再検査を行ったところ小西は陰性判定だったことが判明。会場を変えて約1カ月後に仕切り直しして再設定された。試合は当初の予定通りライトフライ級6回戦で開催される。

 アマチュアで東京五輪出場を目指した高山は可能性が消え、今年3月にプロ再転向。16年8月の加納陸(大成)とのWBO世界ミニマム級王座決定戦以来、4年4カ月ぶりとなるプロのリングに立つ。高山は「年内に試合を行えることに感謝しています。試合に向け、1か月間、しっかりと精進していきます。応援よろしくお願いします」とコメント。中出博啓トレーナーも「残り1か月、しっかりと再調整して万全の状態でリングに上げるようにします」と話した。

 

今度こそ行われるといいですが・・再感染が無いともいえないし高山さんが掛かる可能性もあるし・・・お互い気を付けて

ボクシング拳四朗「社会人として自覚欠けた行動」 泥酔し他人の車破損、報道認め謝罪

 

 WBC世界ライトフライ級王者の寺地拳四朗(28)=BMB=が26日、泥酔して他人の車を破損させたとの一部報道に出た不祥事を認め、謝罪文を発表した。「社会人として自覚に欠けた行動であり、次戦の準備をしていただいていた関係各位には多大なるご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません」などとコメントした。

 関係者によると、12月に大阪で8度目の防衛戦が計画されていたが、白紙になったという。日本ボクシングコミッションの安河内事務局長は「(寺地側の)細かい報告を受けてから今後の対応を決めたい」と話し、倫理委員会などで処分を協議する可能性も示した。

 謝罪文の説明では、寺地は今夏に酩酊(めいてい)状態で自宅と間違えて他人の敷地に立ち入り、駐車中の車を破損させた。11月に警察からの呼び出しを受け、初めて事態を把握。被害者とは示談が成立している。

 

世界チャンピオンが泥酔して他人の車を破損って最初なんだ?と思いましたが。時代と共に世界チャンピオンの価値と自覚も変ってきましたね。ボクシングといえば酒・タバコ・女の3禁は当たり前でしたが、今やそんなのは個人の自由にって感じですね。でもこの世界チャンピオンでも早々大金が稼げない時代後援会のお付き合い等に参加しないわけにもいかないでしょうし。でもそこは関係者が止めるべきでしょうね。

 

そこまで管理されたらとボクサー側も思うでしょう。やはり本人の言うように自覚に欠けてたという事でしょう。

19日に試合が行われるかはわかりませんが、車の被害者だけでなく相手選手やその関係者にも大きな迷惑をかけた事をさらに自覚すべきでしょうね。ベイビーフェイスで売っていた拳四朗には似合わない事件ですが、ボクシングは強いので目標の14連続防衛目指して頑張って欲しいものです。