井岡一翔「負ける気はしない。田中恒成と大みそか防衛戦決定 | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて39年。世界戦国内現地観戦おそらく300試合はこえている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

井岡一翔「負ける気はしない。レベルの違いを見せる」 世界3階級制覇の田中恒成と大みそか防衛戦決定

 プロボクシングWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(31)=Ambition=が12月31日に東京・大田区総合体育館で、世界3階級制覇の経験を持つ前WBO世界フライ級王者・田中恒成(25)=畑中=と2度目の防衛戦を行うと9日、発表した。オンラインで取材に応じ、田中に関し「実績ある相手だが、格、レベルの違いを見せる。負ける気はしない」と、3年連続9度目となる大みそか決戦へ気合を入れた。

 井岡の世界戦での日本人対決は、WBC世界ミニマム級王者時代の2012年6月のWBA王者・八重樫東との王座統一戦以来。今年最初で最後の一戦へ「久しぶりの日本人対決だし、日本国内が盛り上がればいい」と話す。複数階級制覇同士の対戦は国内初。

 対戦相手の田中は、この試合で世界4階級制覇に挑戦するが、「自分が必ず阻止しないといけないと思っている。どんな展開になっても違いを見せつけられる」と相手の野望を断ち切るつもりだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、井岡が希望していた他団体の対抗王者との統一戦の実現はほど遠い。今回はWBOから義務づけられた指名試合だが、「僕にとってメリットはない試合。ただ、こういう状況でタイミング的にはよかったと思う」と自信満々に語った。

 歴代王者の世界戦通算勝利数は、16勝の井岡がトップにつけ、15勝で2位のWBA、IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が続いている。2011年2月に世界戴冠した古参の王者として「この試合をクリアして統一戦に絡んでいければ」と先を見据えている。

 

強きですね。私の予想は井岡勝利。田中選手は前回は良い勝ち方をしましたが、サルダール、フレッシュマートにダウン、更にダウンこそないが木村・田口に腰を落とすパンチをもらうし。攻撃力も井岡には交わされるのではないか?判定か終盤に井岡のTKO勝。

 

 

新世界王者・中谷潤人が恩師の墓前にタイトル奪取を報告「次は2本のベルト見せたい」団体統一へ意欲

配信

 
  •  
中日スポーツ

 6日のWBOフライ級王座決定戦で8回KO勝ちした新王者の中谷潤人(22)=M・T=が9日、故郷の三重県東員町に近い同県木曽岬町を訪れ、ボクシングの手ほどきを受けた元東洋太平洋スーパーバンタム級王者の石井広三さんの墓前に、世界初挑戦でのタイトル奪取を報告。今後は未定ながら、団体統一に意欲を見せた。  「小さい頃からの広三会長との約束を果たせ、ホッとしてます。喜んでくれたと思うけど『満足したらだめ。もっと成長しろ』と声を掛けてもらったような気もします」  2012年7月に34歳で急死した同郷の石井さんに師事したのは、2年間ちょっと。中3での突然の別れだったが、8年後の大一番で「会長との練習を思い出しながら」教えを武器にした。  付きっきりでミットを構えて伝授してくれた左フックが、KO劇の幕開けとなった。何より、ガードの大切さを力説していた恩師に、傷一つない顔で“対面”できたのがうれしかった。  フライ級では長身の171センチだが、減量苦とは無縁。石井さんが生前、WBCのベルトを熱望していたと明かして「まずはこの階級で統一戦をやりたい。次は広三会長に2本のベルトを見せたい」。天国の恩師をもっと笑顔にする。

 

石井さんも喜んでいるでしょう。次回は是非2本のベルトを持って墓前に報告を・・・