井上尚弥が渡米「勝ちに徹する」“ | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

井上尚弥が渡米「勝ちに徹する」“聖地”ラスベガス初試合に自信

 
 
「ボクシング・WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(31日、ラスベガス)

 統一王者の井上尚弥(27)=大橋=が18日、防衛戦への出発前に羽田空港で代表取材に応じ「気持ちの面でも肉体的にも仕上がっている状態。割と日本で全ての調整をこなしてきた」と自信を示した。

 新型コロナウイルスの影響による無観客試合、「聖地」ラスベガスでの試合は初めての経験。現地で行われた試合映像をチェックし「不安はない。圧倒的な強さを見せるなら前半KOが理想。でも、そこにこだわらず、まずは勝ちに徹する」などと語った。

 

昨日のロマ勝に徹した試合でみている方はつまらなく判定負けしてしまいましたが、井上選手は見せ場作って勝って帰って来てくれるでしょう。

今回はチチームカラー赤ではなく黒なんですね。