ボクシング興行の前日計量で初のコロナ陽性判明 安河内事務局長「難しさに直面」 | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて39年。世界戦国内現地観戦おそらく300試合はこえている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

ボクシング興行の前日計量で初のコロナ陽性判明 安河内事務局長「難しさに直面」

[ 2020年10月13日 11:00 ]

 
 

 日本ボクシングコミッション(JBC)は13日、東京・後楽園ホールで開催される興行に出場予定だった石川春樹(21=RK蒲田)と、所属ジムの40歳代男性チーフセコンドが新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性と判定されたと発表した。2人は12日の前日計量時に検査を受けていた。ともに無症状で、13日に医療機関で再検査の予定という。

 国内では7月12日にボクシング興行が再開されたが、前日計量時の検査で陽性者が判明したのは初めて。石川はセミファイナルで千葉開(横浜光)と対戦予定だったが、試合は中止。JBCは午前9時から出場全選手、担当レフェリー等の抗原検査を実施し、全員陰性であったため、この日の興行を承認するとしている。なお、すでに計量・検診場所は消毒済で、濃厚接触者の特定などは保健所の指示待ちという。

 JBCの安河内剛事務局長は書面で「ガイドラインに従い試合前日のPCR検査の実施、検査後の分離措置など、コロナ対策を万全に行ってきたつもりですが、コロナ下におけるスポーツ活動の難しさに直面いたしました。今後は、再発の防止とさらなる感染対策の強化を図り、コロナ下においていかにしてスポーツ活動を維持していけるかを協議、実践し最善を尽くす所存です」とコメントした

 

コロナ前に体重オーバーが流行り試合が行われるかは前日計量が終わるまで心配でしたが、今度はコロナ、しかも無症状では・・検査するまでわからない。ホントにコロナ禍の中でのボクシング開催の難しさを改めて痛感させられますね。

11.3に行われる世界戦も来日出来た事でまず開催への一歩となりましたが、前日計量及び試合開始のゴングがなるまで安心できないですね。