高山勝成が4年ぶりプロ復帰戦 世界ランカー小西伶弥 | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて39年。世界戦国内現地観戦おそらく300試合はこえている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

高山勝成が4年ぶりプロ復帰戦 世界ランカー小西伶弥とサバイバル戦「勝たないと」

 プロボクシングの元世界ミニマム級4団体制覇王者で、アマチュアで東京五輪を目指した高山勝成(37)=寝屋川石田=のプロ復帰戦が9日、発表された。11月23日に兵庫・三田市総合文化センター「郷の音ホール」で、2度の世界挑戦経験があるIBF世界ライトフライ級8位、WBC同級12位の小西伶弥(27)=サンライズ=とライトフライ級6回戦を行う。

 高山は東京五輪出場はならず、今年3月にプロに再転向。5月に予定されていた約4年ぶりのプロ復帰戦は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止になった。その後、プロボクサーの“定年”となる37歳を迎えたが、コロナ禍で試合を行うことができなかったことなどから、延長が認められていた。

 三田市の大成ジムで記者会見を行った高山は「自分の年齢のこともある。最短距離で自分がたどり着きたいところへたどり着く」と、小西を倒して世界ランク入りし、2階級制覇を目指す青写真。小西も2度の世界挑戦失敗で再浮上を目指しているだけに、ともに退路を断ったサバイバル戦となる。

 高山は「小西選手は世界戦を2度経験し、27歳という一番いい時期だと思う」とし「技術も体力もあるオールマイティーな選手」と警戒。一方で、「この試合に勝たないと次につながらない。自分と戦ってくれることに感謝して、しっかり勝って自分が上に行く」と決意を語った。10日からは、長野県内で走り込みの高地合宿を1週間行う。

 この興行のメインイベントは、WBOアジアパシフィックライトフライ級王座決定戦で、同級1位の加納陸(大成)と同級2位の平井亮輝(千里馬神戸)が対戦する。試合は、テレビ大阪ニュース、テレビ大阪YouTubeで生配信される

 

 

コロナ後の再開ボクシング、試合の放送もインターネットに変わってきましたね。PCの得意でない私にとってはリアルタイムでみないと、録画できないのでつらいものがありますね。まだ会場全開で集客できるわけでもなく(また会場満員になりそうなカードも)今のところなく。何か観戦に行こうという気になれません。やはり会場に行きたくなるようなカードですね。然し試合出来るボクサーは試合出来る喜びがあるし。あとはボクシングが観れる喜びをファンに、ファンが感じられることでしょうかね。高山vs小西って結構いいカード(小西さんジムかわってたんですね。)加納選手は最年少世界奪取目論む、キャリアのなさから高山選手に阻まれ、その後はあまり以前ほど注目を浴びていないように感じます。WBOアジア取ってランキングはいって世界再挑戦でしょうか?しかし、ランキングのわっけわからないアジアより、今一度日本を取ってランキング入ったほうが、ファンの観る目も変わると思いますが、ジムの決めた路線ですので頑張って~ください。