井上尚弥の次戦は10月31日、ラスベガスか | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて39年。世界戦国内現地観戦おそらく300試合はこえている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

井上尚弥の次戦は10月31日、ラスベガスか ESPN電子版が報じる

 

 米スポーツ専門局ESPN電子版は1日(日本時間2日)、プロボクシングWBA・IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27)=大橋=が10月31日に米ラスベガスでWBA3位、IBF4位のジェーソン・モロニー(29)=オーストラリア=と対戦するプランがあると報じた。

 モロニーのマネジャー、トニー・トルジ氏によると、井上とモロニーがMGMグランド・カンファレンス・センターで対戦するという。同氏は交渉中であることを認めたうえで「モロニーは、井上とすべてのタイトルをかけた闘いになるだろう」とコメントした。

 井上は4月25日にWBO王者ジョンリール・カシメロ(31)=フィリピン=と米ラスベガスで対戦予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大のために延期。その後、カシメロが9月26日にデューク・ミカー(28)=ガーナ=と対戦すると発表された。モロニーはほかにWBC5位、WBO1位と主要4団体すべてで世界ランク入りしている強豪で、戦績は21勝(18KO)1敗。双子の弟アンドリューは前WBA世界スーパーフライ級暫定王者で、トルジ氏はアンドリューの世界戦も行われる予定であることを示唆した。

 「カシメロ陣営に感謝したい。私たちは『モンスター』から逃げないで、その場所に行く」と同氏は冗談を交えながらコメントしている。

 

こんどこそ決まって欲しい。