“アマ8冠”中垣龍汰朗、2回TKO勝ち、松本圭佑がプロデビュー戦で逆転TKO勝ち | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて39年。世界戦国内現地観戦おそらく300試合はこえている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

“アマ8冠”中垣龍汰朗、プロデビュー戦で鮮烈2回TKO勝ち「プロの8オンスで打ち合えて面白かった」

◆プロボクシング スーパーフライ級(52・1キロ以下)6回戦 〇中垣龍汰朗(TKO2回2分2秒)堀井翔平●(24日、東京・後楽園ホール)

 WBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥らが所属する大橋ジム期待のルーキー、中垣龍汰朗(20)がプロデビュー戦で、堀井翔平(29)=トコナメ=から2回、強烈な左ストレートでダウンを奪うと、その後立ち上がった相手に攻撃の手を止めず、レフェリーストップ。2回2分2秒の“2並び”でTKO勝ちした。

 「左ストレートは結構、手応えはありました。レフェリーが試合を止めて、ホッとしました。アマよりも小さいグラブでも、距離感はつかめていた。プロの8オンスで打ち合えて面白かった」と中垣。宮崎・日章学園時代に高校総体2階級制覇(1年でライトフライ級、3年でフライ級)など国内5大会を制覇。国際大会でも3勝しており、8冠を獲得した。東京五輪の夢破れ、東農大を中退。2024年のパリ五輪には「4年は長く感じた。プロで勝負したい」と向かわず、今年2月にプロ転向を発表した。

 福岡・小郡市生まれ。3歳でフルコンタクト空手を始めたが、3階級制覇王者・長谷川穂積をテレビで見て「すごい格好いいな」と思い、小4からボクシングの道へ進んだ。「大橋ジムには強い先輩がたくさんいる。僕も早くチャンピオンになって、みんなに知ってもらいたい」と意気込みを語った。

 ◆中垣 龍汰朗(なかがき・りゅうたろう)1999年9月25日、福岡・小郡市生まれ。20歳。3歳から空手、小4からボクシングを始め、中1から宮崎へボクシング留学。日章学園中・高と進み、高1で高校総体ライトフライ級、3年でフライ級優勝など国内5冠、海外で3冠。アマ戦績は82勝(19KO・RSC)15敗。身長169センチの左ボクサー。家族は両親と姉、弟。血液型B

「ミライ☆モンスター」松本圭佑がプロデビュー戦で逆転TKO勝ち 初回ダウン奪われ父・好二トレーナー「心臓止まるかと…」

◆プロボクシング 56・0キロ契約6回戦 〇松本圭佑(TKO4回34秒)三宅寛典●(24日、東京・後楽園ホール)

 2018年全日本選手権バンタム級準優勝で、フジテレビ系「ミライ☆モンスター」で紹介されてきた松本圭佑(21)=大橋=が、プロ21戦目の三宅寛典(32)=ビックアーム=に4回34秒、TKO勝ち。プロデビュー戦を白星で飾った。

 父の好二トレーナー(50)が指示を送りながら、セコンドで見守る中、初回にいきなり右のロングフックでダウンを喫した松本圭。「人生初のダウン。気がついたら、体が傾いていた。でも、セコンドにいた父の顔を見たら、落ち着けました」。気持ちと態勢を立て直して、強力な左ジャブと右の強打で反撃だ。三宅は2回に右目尻、3回に左目上をカットするほどのパンチ力。4回、相手が防戦一方になったところでレフェリーが試合を止めた。

 「勝ったけど、ダウンしたので(満足度は)50%。僕が1ラウンドでダウンしたので、最後は倒しきりたかった」と松本圭。リモート記者会見で初陣の感想を話す長男の横で、父は「心臓が止まるかと思いました」と苦笑い。元日本、東洋太平洋フェザー級王者で、世界戦経験もある父は、WBC世界スーパーフライ級(52・1キロ以下)王者・川嶋勝重、元3階級制覇王者・八重樫東(大橋)ら世界王者を育て、エディ・タウンゼント賞も受賞している。東京五輪への道を断たれた後に大学を辞めて2月にプロ入りを表明した松本圭は「父を超えるにはイコール、世界チャンピオンになること」を目標に掲げている。名伯楽は「デビュー戦でいい経験ができたと思う』と未来の世界王者に向け、大きな期待を寄せた。松本圭は「世界チャンピオンになります、と言えるように、これからも頑張ります」と改めて決意を示していた.

 

 

アマ8冠ていうとジムの先輩井上選手と一緒でしょうか?また最短世界奪取を狙わせるんでしょうか?まだ試合観てませんのでなんともいえませんが、井上選手のデビュー戦を上回るインパクトを残してくれてるんでしょうか。早く映像がみたいです。

アマの実績では中垣選手に及びませんが、松本好二さんの息子と聞くと辰吉、畑中に続いて父の現役を観ている私たち世代は、年を取ったなと感じるのでは?父が3度挑んで叶わなかった夢の世界チャンピオンに成って欲しいですね。

大橋ジム期待の選手が多くこれらの選手がみな期待通りの活躍なら帝拳を上回りそうな勢いですが。

まあまだ話題先行なところがあるでしょうが、両選手ともがんばれ~。おうえんしてますよ。