プロボクシング出稽古が条件付きで解禁 | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

プロボクシング出稽古が条件付きで解禁 コロナ陰性証明書など提出義務づけ 興行ガイドラインも一部改訂

 

 プロボクシングの統括団体である日本ボクシングコミッション(JBC)と全国のジム会長らで組織する日本プロボクシング協会(JPBA)は17日、オンラインでの新型コロナウイルス対策連絡協議会を開催。興行に関するガイドラインの一部改訂承認や出稽古再開などについて協議した。

 コロナ感染者が複数のジムで出たことから、他のジムを訪れて練習する、いわゆる“出稽古”が現在、自粛を要請している。ただ、試合を控えている選手が十分な調整ができないことから、JBCとJPBAは「出稽古届出書」とメディカルチェックシート、さらに新型コロナウイルス感染の有無を調べる検査(PCR、抗原、抗体のいずれか)による陰性証明書の3点を提出した選手に限り、出稽古を認めることを確認した。

 一方、試合前日に出場選手に対してホテルなどに“分離宿泊”を義務づけているが、ガイドラインの改訂版には、無断外出や無断面会など、あらかじめ決められたことに違反した選手にたいしては、厳格な処分を科すことを明文化した。分離宿泊の意義をしっかりと選手らに把握してもらうためで、状況次第では試合停止もあり得るという。

 なお、9月21日の刈谷市での興行から、愛知県内の試合前日にPCR検査が実施されることも報告された。

 

思考錯誤と言った感じですね。今まで通りに戻るのはいつの日か?年内日本人世界チャンピオン防衛戦無しなんて事もありそう。井上は海外なんでやるでしょうが。もう8月も半ば今年もあと4か月どうなりますか?海外選手の試合ばかりが予定されてるが、日本はどうするんだ・・

銀座の歩行者天国にリング作ってやるとか、テレビ局のスタジオでやるとか、たしかにホールで徐々に再開されてるようですが、やはり世界戦が観たい・・