村田諒太は新型コロナ陰性 | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

村田諒太は新型コロナ陰性 同門のホルヘ・リナレスの感染でPCR検査受診

 8月6日に所属するホルヘ・リナレス(ベネズエラ)が陽性と診断を受けた結果を踏まえ、この日までに全選手およびトレーナーが検査を受けていた。

 

選手トレーナーは陰性だったという事で良かったですが、会長、長野MGは大丈夫だったんでしょうか。

勅使河原弘晶が三迫ジム移籍「輪島功一会長と同じジムで世界王者に」 三迫ジムは現役王者8人に

 

 プロボクシングの三迫ジムは11日、東洋太平洋スーパーバンタム級(55・3キロ以下)王者・勅使河原弘晶(30)が同日付で輪島功一スポーツジムから移籍したと発表した。これで、三迫ジムには現役王者が8人所属となった。

 勅使河原は身長171センチの右ボクサーファイターで、現在の世界ランクは、IBF同級3位、WBC8位。戦績は21勝(14KO)2敗2引き分け。WBOアジアパシフィック・バンタム級(53・5キロ以下)王座も保持していた。

 勅使河原は書面で「この度、長年お世話になった輪島功一スポーツジムから、三迫ボクシングジムへと移籍することになりました。三迫ジムは輪島功一会長が現役の時に所属していたジムです。これからは三迫ジム所属として、自分の師匠である輪島功一会長と同じジムから世界チャンピオンになるために練習に励んで行きます。そして必ず世界チャンピオンベルトを輪島会長にお見せします」とコメントした。次戦は秋を予定しているという

 

ここ最近の三迫ジム勢いありますからね。マネージメント考えたら良いんじゃないでしょうか?海外ボクサーとの試合が厳しい今、岩佐との対戦が現実的でしょうかね。